【ノズルまできれいに!】ウォシュレットを上手に掃除する方法とは?

2019/04/15 / 2020/05/29

【ノズルまできれいに!】ウォシュレットを上手に掃除する方法とは?

おすすめのハウスクリーニングサービス

<1位> おそうじ本舗
 〜業界No.1店舗数の高品質サービス〜
<2位> おそうじ革命
 〜最安値クラスなのに質も高い高コスパサービス〜
<3位> オン
 〜スタッフの対応の良さ、料金の明朗さが好評〜
詳細は【口コミ比較】おすすめハウスクリーニングランキング10選!!をご覧ください。


お湯が出てお尻を綺麗にしてくれる「ウォシュレット」を、気に入って使っている人も多いのではないでしょうか。

実はウォシュレットとは商品名で、正式には「温水洗浄便座」と言います。

そんなウォシュレットは裏側に汚れが溜まっていたりと、掃除がなかなか難しいでんです。

この記事では、一般的なご家庭で良く利用されているウォシュレットの掃除方法を紹介します。

ウォシュレットの汚れの原因

トイレを使った後、体をきれいに洗ってくれるウォシュレットですが、本体が汚いままでは使いたくないですよね。

ウォシュレットは掃除をする箇所が多く、便器や便座だけでなくノズルもきれいに掃除する必要があります。

効率よく掃除をしていくために、まずはウォシュレットが汚れる原因について知っておきましょう。

水垢

ウォシュレットの汚れとなる1つ目の原因は、水垢です。

ウォシュレットはノズルから水が噴射するため、水垢ができやすい状態にあります。

ウォシュレットを使わない時間が長ければ長いほど、水垢が蓄積されて汚れがひどくなります。

特に水垢ができやすいのが、タンク上の手洗いする箇所や、ウォシュレットのノズル部分です。

ノズルから出る温水には、カルシウムやマグネシウムなどが含まれているため、ぬれたり乾いたりを繰り返すことで水垢が非常にできやすい環境にあります。

水垢についてくわしく知りたい方は下記記事も参考にしてくださいね。

カビ

ウォシュレットの汚れとなる2つ目の原因は、カビです。

ウォシュレットは使用時だけでなく、使っていない時にも水がたまっているため、とてもカビができやすいです

ウォシュレットのノズルが黒ずんでいるなら、カビができていると思った方がいいでしょう。

トイレは個室で湿気がこもりやすため、梅雨や夏など湿気の多い時期は特に注意が必要です。定期的に換気をするように努めていきましょう。

尿の飛び散り

尿の飛び散りがウォシュレットの汚れの原因になることもあります。

飛び散った尿がトイレの壁や床についていると、雑菌が繁殖し時間とともにアンモニア臭を発生させて、くさい臭いの原因になります。

一見きれいに見えるのに、なぜかトイレが臭うなら、飛び散った尿が固まって「尿石」となり、臭いを発している可能性が高いです。

ホコリ

さまざまな機能の付いたウォシュレットは、機械のすきまにホコリがたまることで汚れがひどくなるケースがあります

操作パネルだけでなく、脱臭機能付きのウォシュレットの場合、脱臭フィルターにほこりがたまっていると臭いの原因になります。

脱臭フィルターの簡単な掃除方法

①脱臭フィルターを取り外します。(便座の裏に付いていることが多いです。)

②付着しているほこりを、掃除機で吸うか歯ブラシでやさしくこすり落とします。

③汚れがひどい場合には水洗いできますが、水気を完全に拭き取ってから元に戻してください。(カビが生える原因になります。)

※お手入れをしても臭いが気になる場合は、脱臭フィルターを新しいものに取り替えた方がいいかもしれません。

ウォシュレットのノズルを汚れたまま放置してしまうと

デリケートな部分をきれいにするために使うウォシュレットは、汚いまま使い続けていると病気になるリスクがあります。

今のところ、ウォシュレットのノズル洗浄が原因で病気になった、という例はないようですが、ウォシュレットをきれいに掃除する必要性を再認識しておくことは大切です。

細菌感染のリスクが上がる

汚れたままのウォシュレットを使用すると、ノズルに付いた汚れが直接肛門に付いてしまいます。

 

もし肛門に傷があれば、傷口から病原菌が侵入する危険があります。

 

さらに、デリケートゾーンに細菌が入ると細菌性の炎症を引き起こしたり、ぼうこう炎になる可能性が高くなります。

ウォシュレットのタンク内の水温は36~38度に保たれているため、塩素が蒸発して菌が繁殖しやすい環境にあります。

トイレは毎日使い続ける場所ですから、汚れをほうっておくと、ばい菌が増え続けて健康を害する危険があります。

病気のリスクを下げるために、掃除はやはり欠かせません。

簡単には汚れが取れなくなる

ウォシュレットのノズル部分は水垢ができやすいですが、長く放置していると頑固な水垢汚れになるため、普通の掃除では簡単に落とせなくなります

汚れを放置していると、後から余計な手間と時間がかかりますから、こまめに掃除をすることをオススメします。

臭いの元

ウォシュレットのノズルについた黄ばみは臭いの元になります。

この黄ばみの正体は尿石です。

尿石は、飛び散った尿・水垢・カビなどの汚れが混ざったもので、放置したままだと落ちにくい頑固な汚れにもなります。

見かけたら、すぐに掃除をすることが臭いの元をなくすポイントです。

故障の原因

ノズルに汚れが詰まると、「水が出ない」といった故障の原因になります

そのような場合、ノズルを掃除することで水が出るようになる可能性があります。

ノズルの汚れが気になるときは、次に紹介する掃除方法をぜひ試してみてください。

ウォシュレットのノズルの掃除方法

構造がわからず、どう掃除すればいいのか難しいウォシュレットのノズルの掃除方法について紹介します。

ピカピカに見えるウォシュレットでも、下からのぞくとノズルが黒く汚れて見えることもあり、きれいだからといって掃除をしないのは油断禁物です。

実は、ウォシュレットは思った以上に掃除がしやすくなるように作られています。

せっかく掃除をするなら、ノズルだけでなく本体のすみずみまでキレイにしてしまいましょう。

ボタンでノズルを出す

掃除をするため、最初にウォシュレットのノズルを引き出します。

ほとんどのウォシュレットでは、操作パネルの端に「ノズル掃除ボタン」「ノズルおそうじ入/切」といったボタンが付いていますので、それを押してください

ボタンがない場合は、手でノズルを引き出します。

ノズルの先端付近に突起があるので、それを手前に引き出すだけです。

ゴム手袋を使用したりトイレットペーパーを添えるなどして、ゆっくり引き出しましょう。

歯ブラシなどでこする

ノズルを引き出したら、トイレ用中性洗剤をかけて歯ブラシでこすっていきます。

水が出る細かい穴の汚れには、歯ブラシが一番!掃除中、勝手にノズルが引っ込むことがありますが、あせらずに再度引き出して掃除していきましょう。

全体をシートで拭く

汚れを落としたら、全体をシートでふいていきます。

中性洗剤をつけた布でも汚れをふき取ることはできますが、トイレ用のシートを使う方がすぐ掃除ができて便利です。

ニオイを予防する成分や除菌効果のあるものなど、さまざまな種類のトイレ用シートが売られていますので、お気に入りの物を見つけてトイレ掃除を楽しくしていきましょう。

ノズルの周辺も掃除する

便座についた操作パネルやリモコンの表面にも尿が飛び散っているため、トイレ用シートなどでふき取っていきます

こまかい部分は、綿棒や布を巻いた割り箸でふいていくときれいに汚れを落としやすくなります。

操作パネルやリモコンには電子部品が使用されていますので、水をかけないように気を付けてください。

ウォシュレットのノズルを掃除する方法を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?ウォシュレットはこまめに掃除をすれば、すぐに汚れを落とすことができるため、掃除道具をすぐ手の届く場所に置いておくと掃除がしやすくなります。

それでも、「やっぱりトイレ掃除はめんどくさい!」という人は、トイレ掃除を代行してくれるハウスクリーニング業者に頼んでみることをオススメします。

細かい部分も多いので業者に頼むのも手

ウォシュレットは、本体と便座のすきまや脱臭フィルターなど見えない部分を掃除する必要があります。

そのような所を掃除するには、機械を操作したり壊さないように手加減するなど、気を遣うこともあります。

また、ウォシュレットの機械によっては注意事項も変わってくるため、取扱説明書を読む必要もでてきます。

トイレを掃除することに時間を取られたくないなら、ハウスクリーニング業者にお願いすることをオススメします。

個々のウォシュレットに合った方法で、トイレのすみずみまでキレイにしてもらうことができとても便利です。

時間も1,2時間程で終わりますので、ぜひ考慮してみてください。

おそうじ本舗

osoujihonpo

フランチャイズとして全国展開している「おそうじ本舗」は、日本全国どこからでも掃除を依頼できる便利なハウスクリーニング業者です。

土日・祝日・夜間の施工日を希望したり、女性スタッフに来てほしいといった要望にも柔軟に対応してもらえて、とても便利です。

おそうじ本舗では、人と環境に優しいエコ洗剤を使うことで、アレルギー体質の人や小さな子供がいても安心して掃除を頼める体制が整っています

また、ウェブから簡単に見積もりをしてもらえるため、仕事で忙しい人でも気軽に利用できます。

気になった方は公式ホームページを覗いてみてくださいね。

利用例
トイレクリーニング 7,500~11,500円(税抜)
サービス時間 約1時間30分
対応箇所 便器・便座・天井・壁面・照明・床(ワックス含む)・タンクまわり・扉・窓・換気扇(簡易清掃)など

公式ページ

ハウスクリーニングのオン

オン北海道から九州までの主要都市に店舗があるため、利用できる地域が広範囲におよぶハウスクリーニング業者が「ハウスクリーニングのオン」です。

普通、見積りをしてから料金を決めるハウスクリーニングですが、料金を定額にして追加料金の心配をなくしたのがハウスクリーニングのオンの大きな特徴です。

価格は、作業をする場所や広さで決められているため、問い合わせた時に掃除をして欲しい場所や広さを伝えれば、その場で料金が決まります。

見積もりをしに来てもらう必要がないため、時間がない人や早く掃除をして欲しい人にオススメのハウスクリーニング業者です。

利用例
トイレ(一式) 10,000円(税込)
2帖以上の場合 2,100円(税込)/1帖あたり
サービス時間 30分〜2時間
対応箇所 便座・便器・温水洗浄便座(分解可能なタイプは分解洗浄)・タンク水受け(内部は対象外)・鏡・床・換気扇カバー・換気扇内部・照明・天井・壁・戸棚扉・洗面台・窓(内側のみ)・ドア

公式ページ

ニコニコおそうじ


ネットで買い物をする感覚で、買い物カゴに入れるだけでハウスクリーニングサービスを依頼できるのが「ニコニコおそうじ」です。

作業日や金額が注文画面でいつでも確認できるメリットがあります。

ニコニコおそうじは、ネット広告を使って宣伝をしないことでコストを削減し、良心的な価格でサービスを提供しています。

また、ハウスクリーニングでよくある「最低出張料金」もないため、希望するサービスだけを注文できる安心感があります。

ニコニコおそうじの大きな特徴は、必ず接客業経験者のあるスタッフを採用していることです。

掃除の技術だけでなく親しみやすい接客を心掛けることで、サービスに対する要望を気軽に伝えられる身近な存在になれるよう努力しています。

利用例
トイレクリーニング 13,000円(税抜き)
オプション タンク内洗浄3,000円(税抜き)

換気扇内部洗浄3,000(税抜き)

サービス時間 約1時間30分
対応箇所 天井・換気扇・壁面・手洗い器・手洗いカウンター・トイレ本体・便器・便座・フタ・ウォッシュレット本体、ノズル、ノズル周辺等・トイレ備品・ペーパーホルダー・タオルハンガー・ウォッシュレット操作パネル・床・幅木・収納パネル・扉

公式ページ

クリーンクルー

クリーンクルー「クリーンクルー」もオススメのハウスクリーニング業者です。

関東エリアで、毎年1万件以上のサービス実績を誇るクリーンクルーは、料金の完全後払い制を採用しています。

仕上がりをチェックしてから代金を払えるため、追加料金を気にせず安心して作業を依頼することができます。

また、クリーンクルーは入念な研修制度を取り入れており、81.3%の利用者から「とても良い」と評価されている調査結果があります。

利用例
トイレクリーニング 12,000円~
サービス時間 30分~1時間
対応箇所 便器・便座・温水洗浄便座・タンク水受け・トイレ内床・トイレ壁・ドア・換気扇

公式ページ

まとめ

ウォシュレットは毎日使う場所なので、清潔な状態にしておきたいですよね。

便利な反面掃除に少し手間がかかりますが、ほったらかしにしておくと衛生面で問題になってくるので、こまめな掃除は欠かせません。

どうしても時間が取れないなら、ハウスクリーニング業者に任せるのも一つの賢い方法です。ウォシュレットをきれいに維持することで、心も身体も健康に過ごしていきましょう。

なおトイレ掃除のやり方全般を知りたい方は、「トイレ掃除を効率的におこなう方法とは?必要な道具や手順、頻度を解説」にて詳細に解説しているので、ぜひお読みください!

おすすめの家事代行サービス

専門のハウスクリーニング業者以外にも家事代行サービスはおすすめです。

ベアーズ

ベアーズベアーズはスポット利用が可能な家事代行サービスです。

上記の画像の通り、様々な家事代行サービスに対応しているのが特徴です。

基本情報

基本料金 3564円~/1時間 *サービスは2時間~
交通費 900円
損害補償 あり
対応エリア 北海道、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、福岡県

費用例

週1回(2時間)月4回 利用の場合
1カ月「37296円」

内訳
{8424円(2時間)+900円(交通費)}×4(月4回)=「37296円」

公式ページ

詳細ページ

カジタク

カジタク
ハウスクリーニング70万件の実績/安心のイオングループ【カジタク】

基本情報

基本料金 3150円〜/1時間
交通費 店舗の最寄り駅より徒歩15分以上の場合は交通費を実費。
損害補償 あり
対応エリア 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、宮城県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、山口県、福岡県、熊本県

公式ページ

詳細ページ

キャットハンド


キャットハンドは首都圏を中心とした家事代行サービスになります。

スポット利用することも可能です。

基本情報

基本料金 3110円~/1時間 *サービスは2時間~
交通費 900円
損害補償 あり
対応エリア 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

費用例

週1回(2時間)月4回 利用の場合
1カ月「28480円」

内訳
{6200円(2時間)+900円(交通費)}×4(月4回)=「28480円」

公式ページ

おすすめのハウスクリーニングサービス

おすすめのハウスクリーニングサービスを紹介します。

自分にあったハウスクリーニングサービスがわからず迷ってしまう方はぜひ参考にしてください!

ゴミ屋敷バスター七福神

ゴミ屋敷バスター七福神
ゴミ屋敷バスター七福神は、上記のようにどんな汚い家でも片付けをしてくれるサービスです。

深夜でも対応なので忙しくて日中忙しい方も是非一度ご利用して見てください!

基本情報

基本料金 30,000円(1R/1K)~
交通費 コース料金に含む
損害補償 あり
対応エリア (関東エリア)東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城

(関西エリア)大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山

(東海エリア) 愛知、岐阜、静岡、三重

公式ページ