トイレ掃除を効率的におこなう方法とは?必要な道具や手順を解説

2019/04/11 / 2020/05/23

トイレ掃除を効率的におこなう方法とは?必要な道具や手順を解説
おすすめのハウスクリーニングサービス

<1位> おそうじ本舗
 〜業界No.1店舗数の高品質サービス〜
<2位> おそうじ革命
 〜最安値クラスなのに質も高い高コスパサービス〜
<3位> オン
 〜スタッフの対応の良さ、料金の明朗さが好評〜
詳細は【口コミ比較】おすすめハウスクリーニングランキング10選!!をご覧ください。

毎日何回も使用するトイレは、汚れやにおいがたまりやすい場所です。

こまめに掃除をしたほうがいいとはわかっているけれど、忙しかったり、面倒くさかったりでついつい後回しにしてしまうがちです。

今回は、効率的に掃除をしたいという方向けに、掃除の手順や必要な道具を解説しています。

また、おすすめのハウスクリーニングも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

トイレは雑菌とニオイの温床

トイレで注意すべき4つの汚れ

トイレで発生しやすい汚れは大きく分けると4つに分類されます。

  • 水垢
  • 黄ばみ(尿石)
  • 黒ずみ
  • 手垢

それぞれの特徴や効果的な洗剤を解説していきます。

水垢

便器の内部、手洗い場や蛇口に発生しやすく、ざらざらした白っぽい汚れが水垢です。

水垢は、水道水に含まれるミネラル分が固まったものでできています。

蓄積してしまった水垢はこするだけではなかなかキレイになりません。

水垢はアルカリ性の汚れなので、酸性洗剤やクエン酸が効果的です。

黄ばみ(尿石)

尿に含まれるカルシウムが固まったもの(尿石)が黄ばみの原因です。

トイレ掃除を怠ると徐々に便器やその周りが黄ばんできます。

水垢と同様で黄ばみ(尿石)もアルカリ性の汚れなので、蓄積した汚れを取るには、酸性洗剤やクエン酸が効果的です。

黒ずみ

水垢や黄ばみにほこりやカビなどが混ざった汚れが、黒ずみとなってあらわれます。

黒ずみはこするだけでなく、アルカリ性洗剤ののセスキ炭酸ソーダや重曹、市販の塩素系洗剤(漂白剤)を使って、丁寧に掃除する必要があります。

手垢

トイレの水を流すレバーや便器脇のボタンなど、手を触れる部分に手垢がついています。

手垢など皮脂は酸性なので、アルカリ性洗剤が効果的です。

汚れをそのままにすると悪臭の原因に

便器の中だけでなく、壁や床も尿の飛沫で徐々に汚れていきます。

つい掃除を忘れてしまう部分や手が届きにくい部分など、さまざまな汚れがトイレットペーパーからでるほこりなどと合わさってニオイのもととなっています。

また、トイレは湿度が高く、カビが繁殖しやすいため、悪臭が発生しやすい環境です。

こまめに掃除をして汚れだけでなく、においへの対策も必要です

必要な道具は3つあれば良い!

スーパーやドラッグストアではたくさんのトイレ掃除グッズが売られています。

どの道具を使うのが良いのか迷っている方も多いのではないでしょうか。

そんな方は、まずは以下の3つの道具を用意してみてください

  • トイレ用洗剤
  • トイレ掃除用ブラシ
  • トイレ用お掃除シート

この3つの道具で普段のトイレ掃除を効率よく終わらせられます。

それぞれについて以下で詳しく説明していきます。

トイレ用洗剤

トイレ用の洗剤は以下3種類に分けられ、それぞれ異なる効果を発揮します。

中性洗剤
軽い汚れ、普段のお掃除用に効果あり

酸性洗剤(クエン酸)
水垢、黄ばみ、尿石に効果あり

アルカリ性洗剤(塩素系漂白剤、重曹)
黒ずみ、カビに効果あり

こまめに掃除している方なら、中性洗剤だけでもキレイなトイレを保つことができます。

また、クエン酸や重曹があれば、トイレ以外にもキッチンやお風呂でも使えるので、わざわざトイレ用の洗剤を買う必要はなくなります。

「まぜるな危険」と表示されている、「酸性タイプのもの」と「塩素系のもの」は絶対に混ぜない!

混ぜると有毒な塩素ガスが発生するので、とても危険です。

洗剤に記載されている注意事項をよく読んで、正しく使用してください。

なおトイレ掃除におすすめの洗剤に関しては「トイレ掃除で困らない!洗剤の選び方&使い方のコツを大公開!」で詳しく説明しているので、こちらもお読みください。

トイレ用ブラシ

トイレ用ブラシはブラシタイプ、スポンジタイプ、使い捨てタイプの3種類がよく売られています。

それぞれメリット・デメリットがあるため、自分にあう使い方を見つけてください。

【メリット】

ブラシタイプ
頑固な汚れに強い、水切れが良い

スポンジタイプ
隅々までダイレクトに手が届く、水はねしない、比較的安価

使い捨てタイプ
衛生的、洗剤がついている

【デメリット】

ブラシタイプ
便器が傷つきやすい、水はねする

スポンジタイプ
汚れがたまる、水切れが悪い

使い捨てタイプ
コストが高い、頑固な汚れに弱い

汚れ落ちを重視する方はブラシタイプこまめに掃除をする方はスポンジタイプ衛生的に使い方はスポンジタイプがおすすめです。

トイレ用お掃除シート

毎日のちょっとしたおそうじに便器だけでなく、壁や床も掃除できる優れものです。

破れにくいものや、大判のもの、香りつきのものなど多くの種類があります。

使用後はトイレに流せるので、簡単かつ衛生的に使用することができます。

なおトイレ掃除の道具に関しては「【劇的に変わる!】トイレ掃除に役立つ便利な道具4つをご紹介!」で解説しています。

基本のトイレ掃除のやり方

トイレ掃除の方法を以下7つに分けて詳しく解説します!

①トイレ本体(便器)
②壁
③床
④手洗い部分
⑤タンク
⑥換気扇
⑦便座カバー、マットなど

①トイレ本体(便器)


まずは便器の中に中性洗剤をかけて、ブラシで汚れを落とします。

特に便器のフチの裏側は汚れがたまりやすいので、しっかりこすりましょう

ウォシュレットノズルは、ボタンを押してノズルを引き出してから、お掃除シートで拭いていきます。

続いて、お掃除シートでタンクの外側、便座、便器の下や側面を拭きます。

レバーは見落としがちなので、しっかり拭きましょう。

ウォシュレットの掃除方法は「【ノズルまできれいに!】ウォシュレットを上手に掃除する方法とは?」にて解説しています。

②壁


壁や床に尿が飛び散っていると、雑菌と反応して悪臭の原因になります。

特に男性がトイレを使う場合、広範囲に尿の飛沫が飛んでいます

雑菌の繁殖、臭いの元になるので、お掃除シートを使って拭きましょう。

③床


壁と同様、ホコリと飛び散った尿で雑菌が繁殖しやすい場所です。

お掃除シートを使って拭きます。

特に、便器と床の境目は汚れがたまりやすいので注意して拭きましょう。

④手洗い部分


手洗い部分の汚れはほとんどが水道水に含まれるミネラル分が付着してできた水垢です。

酸性洗剤やクエン酸で水垢を柔らかくして、スポンジでこするときれいになります

しかし、汚れを長い間放置していると洗剤だけでは落ちないことがあります。

頑固な水垢には、サンドペーパーで削ってキレイにする方法もありますが、トイレに傷をつけることになるので注意しましょう。

⑤タンク


便器を掃除してもすぐ汚れてしまう、においが解消されない場合、タンクの中が汚れていることが考えられます。

タンクの内側や蓋の裏に黒カビが発生している可能性あり、それがトイレを流すときに便器に流れているのが原因です。

タンクの中を掃除すれば解消しますが、タンク内の掃除にはいくつかの注意点があります。

  • タンクの中は鉄の配管やゴムパッキンが使われているので、塩素系漂白剤を使うと部品を傷めて、水漏れの原因になる。
  • 陶器は割れやすいので、蓋の取り外し、掃除中の力の入れ具合など、取り扱い注意。熱湯はひびが入るので使用しない。

タンク内を掃除する際は、工具を使ってトイレの止水栓を回して締めます。

また、レバーを回して水を抜くと掃除がしやすくなります。

タンク内は中性洗剤をつけたスポンジでこすり、細かいところは歯ブラシを使ってきれいにしましょう。

⑥換気扇


なかなか手を出しづらい換気扇の掃除。

換気扇は掃除をしないと、ほこりがたまって空気の吸い込みが悪くなり、においや湿気がこもってしまいます

掃除方法は、まず換気扇のカバーを外し、ほこりを掃除機で吸いとり、ウエットティッシュで拭きます。

換気扇内はウエットティッシュで拭く程度にとどめておきましょう。

内部のファンは取り外せないタイプもあり、説明書などで事前の確認が必要です。

取り外し可能な内部のファンの掃除をする場合は水洗いをしたのち、しっかり乾燥させましょう。

⑦便座カバー、マットなど


最後に、便座カバー、足元のマットなど布類です。

これらの布類は、皮脂や飛び散った尿などがしみ込んで悪臭の原因となります。

そのため、こまめに洗濯して清潔な状態を保ちましょう。

洗濯の際は、酸素系の洗剤で洗濯すると、除菌や消臭の効果あるのでおすすめです。

床や棚はできるだけ物を置かず、拭き掃除しやすい環境にすることで汚れや臭いを防ぐポイントです。

トイレ掃除のおすすめ頻度

これまで説明したすべての部分を毎日掃除する必要はありません。

汚れが気になる部分は気づいたときに、便器は毎日掃除、布類は毎日交換することをオススメします。

それ以外の箇所については、床、壁は週1回タンクの中や換気扇は月1回の頻度で行うのが理想的です。

トイレ掃除の頻度は「トイレ掃除の理想的な頻度とは?家庭別の頻度や掃除方法まで解説」にて詳しく解説しています。

トイレ掃除を楽にする方法・アドバイス

トイレ掃除の時間がまとまって取れない方、なかなかトイレ掃除に気が向かない方も多いかと思います。
ここでは、トイレ掃除を楽にするおすすめの掃除方法を3つ紹介します。

汚れに気づいたら掃除をする

汚れに気づいたときに都度掃除をすることで、汚れを蓄積させずにキレイな状態を保つことができます。

トイレットペーパーでふき取ってそのまま流せばよいので、洗剤を使うことなく簡単に掃除が完了します。

1日1か所だけを掃除する

便座を拭く、便器の外側を拭く、便器の中をブラシでこする、壁を拭く、床を拭くというように作業を細かく分け、毎日少しずつ掃除していきます。

ゆるく1日1か所掃除をするようにすることで、1回の負担が軽くなり継続しやすくなります

便利グッズに頼る


最近はトイレ掃除を時短できる便利グッズがたくさん売られています。

特に、トイレスタンプはとても便利です。

便器の内側に洗剤を直接くっつけることで、汚れを防ぐアイテムです。

トイレの水を流すたびに、汚れ防止のコーティングがされるので、便器の内側をブラシで掃除する回数を格段に減らすことができます。

トイレを汚さないための工夫をする

男性が立って用を足すと、必ず便器の周りに尿が飛び散ってしまいます。

トイレの汚れを最小限にするには、ぜひ座って用を足してもらうようにしましょう。

また、自宅に複数トイレがあり、あまり使っていないトイレがある場合も注意が必要です。

便器の中にたまっている水道水の保存期間は蛇口から出して3~5日で、それ以上は成分が劣化して菌が増えて黒ずみなどの汚れにつながります

そのため、定期的に水を流して、汚れを未然に防ぎましょう。

トイレ掃除に関するQ&A

掃除道具を自宅にあるもので代用できる?

トイレ掃除用のグッズをわざわざ買わなくても、自宅にあるもので代用することも可能です。

ブラシの代わりに、使い古した歯ブラシ

普段使いのトイレ用洗剤の代わりに、台所用中性洗剤

水垢などの掃除に適した酸性洗剤の代わりに、お酢

このように代用できるものはいくつかあるので、洗剤を切らしてしまった場合などぜひ試してみてください。

トイレ掃除は運気があがるってホント?

トイレ掃除をすると運気が上がるとのうわさを聞きますよね。

実際は、科学的な証明はありません

しかし、きれいで快適なトイレを維持し良い空間にかわることで、家庭円満や運気上昇に関係があるかもしれません。

プロにトイレ掃除を頼むのもオススメ!

蓄積してしまった汚れや細かい部分・手が届かない部分の汚れなどは、プロにトイレ掃除を依頼してみましょう。

そこで、トイレ掃除のおすすめ業者をまとめてみました。

市販の洗剤では落としきれない尿石汚れ、汚れを見落としがちな部分もまとめてきれいにしてくれて、一度プロに頼むことで汚れをリセットできます。

また、コーティング剤を塗布してもらうことで、その場限りでキレイになるだけでなく、数か月汚れにくくなり、自分で掃除を行う際も楽になるメリットがあります。

おそうじ本舗

osoujihonpo

料金(税込) 9,900円
オプション
床ワックス塗布 1,100円
特急便 3,300円

おそうじ本舗は全国47都道府県に店舗があり、トイレ掃除を含めたさまざまなハウスクリーニングを提供しています。

依頼した次の日から3日以内にサービスを提供する「特急便」で忙しい方も利用しやすくなっています。

オプションのトイレの床をワックスすることで、毎日のお手入れをラクにすることができます。

公式ページ

おそうじ革命

おそうじ革命

料金(税込) 7,700円
オプション
タンク内清掃 3,850円
便器内水アカ防止コーティング 3,850円

おそうじ革命は、ハウスクリーニング業界において最安値クラスの料金で掃除ができると人気の業者です。

累計15万件以上の清掃実績で培った高い技術力や、オリジナルの環境にやさしい洗剤を使って、効率よくかつキレイに掃除することを心得ているのが特徴です。

公式ページ

おそうじ革命の口コミ・評判を見たい方は「おそうじ革命は安いと評判?口コミや他社との料金比較も交えて解説」をお読みください。

ハウスクリーニングのオン

料金(税込)
トイレ(一式) 10,230円
2帖以上の場合 2,200円/1帖あたり

ハウスクリーニングのオンは大阪に本社をおくハウスクリーニング業者です。

とにかくお客様のことを考え、寄り添うサービスを提供しています。

特徴は、基本料金(10,230円)にウォシュレットの分解洗浄や洗面台、換気扇内部の清掃が含まれていること、汚れ具合で追加料金を取られることがないことです。

わかりやすい価格表示で、隅々まで徹底的に掃除してもらえるのはありがたいですね。

トイレクリーニングが混み合う期間の前後(10月から11月後半、1月2月)は、割引キャンペーンを行っていることがあるので、ねらい目です。

公式ページ

まとめ

毎日何回も使うトイレ。

汚れた部分を気づいたときに掃除してきれいにすることがポイントです。

毎日少しずつ掃除をして、清潔なトイレをキープしましょう。

たまってしまった汚れやにおいは、ぜひハウスクリーニング業者を利用して、トイレの汚れ・においをリセットするのも効果的です。

トイレの黒ずみが気になる方は「トイレの黒ずみを根こそぎ落とすには?役立つ掃除方法を大公開!」をお読みください。