トイレ掃除

トイレの黒ずみを根こそぎ落とすには?役立つ掃除方法を大公開!

おすすめのハウスクリーニングサービス

<1位> おそうじ本舗
 〜業界No.1店舗数の高品質サービス〜
<2位> おそうじ革命
 〜最安値クラスなのに質も高い高コスパサービス〜
<3位> オン
 〜スタッフの対応の良さ、料金の明朗さが好評〜

詳細は【口コミ比較】おすすめハウスクリーニングランキング8選!!をご覧ください。

トイレの中にリング状の黒ずみがあるのを見つけたことはありませんか?トイレは白く水も透明なのに、どうして黒ずみが表れるのか不思議ですよね。

トイレの黒ずみはこすってもなかなか落ちないため、掃除をあきらめる人が多いです。この記事では、トイレにいつの間にか出現する黒ずみの正体と、その掃除方法について詳しく取り上げます。

トイレにできる黒ずみの原因


白い便器に突然現れるトイレの黒ずみはとても目立ちますね。一体いつからできたのか謎が深まりますが、これにはちゃんとした原因があります。トイレをきれいに掃除するため、まずは黒ずみの原因をおさえておきましょう。

黒カビ細菌

トイレの黒ずみは、カビや微生物が原因と言われています。特にトイレは、使用していない時にも水がたまっているため、カビが繁殖しやすい環境にあります。便器内だけではなく、トイレタンクの中で繁殖したカビがホコリや水と付着して黒ずみになることがあります。さらに、床に跳ねた尿などの雑菌が黒カビとなって繁殖することもあります。

ホコリと雑菌が結合

カビだけでなく、ホコリと雑菌が結合することで黒ずみができることもあります。トイレは意外にも、トイレットペーパーや服などの繊維が多く床に落ちています。それがホコリとなって、黒ずんでしまうのです。

水垢が酸化

水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムが固まると、水垢になります。その水垢に雑菌やほこりがたまると、黒ずみのできあがりです。また、水道水に鉄分が多く含まれている場合、鉄分が酸化することで黒ずみになることがあります。

尿石の放置

便器にできる黒ずみは、雑菌やカビだけでなく、尿石が固まることでも発生します。こうしてできた黒ずみは、かなり頑固でなかなか落とすことができません。

黒ずみを落とす方法


トイレの黒ずみの原因には、カビ・ホコリ・雑菌・尿石が関係していることが分かりました。トイレ掃除をする際、それぞれの汚れに合った道具を使うことが、効果的に汚れを落とすポイントになります。ここからは、トイレの黒ずみを落とす方法について詳しく紹介します。

酸性のトイレ洗剤を使う

トイレの黒ずみには、酸性のトイレ用洗剤が一番効果的です。こすってもなかなか取れない黒ずみには、酸性の洗剤をかけてキッチンペーパーなどでラップをし、しばらく置いておくと取れやすくなります。

酸性のトイレ洗剤を使った効果的な掃除方法

酸性のトイレ洗剤を使った効果的な掃除方法を紹介します。まず、洗剤が水で薄まらないように、掃除を始める前に便器にたまっている水を抜きます。水を抜くのが難しいなら、洗剤を多く使うことで対処してください。

次に、黒ずみの気になる部分にトイレットペーパーを敷いていきます。その上から洗剤をまんべんなくかけていき、1時間程放置します。時間が来たら、一度水で洗い流してください。最後に、ブラシなどで黒ずみをこすって汚れが落ちれば完了です。

研磨剤が入ったクレンザーで磨く

トイレの黒ずみには、研磨剤が入ったクレンザーも効果的です。使用時、黒ずんだ箇所が水に漬かっていると研磨剤の効果が出にくいので、紙コップなどで水をくみ出して水位を下げてからこすると汚れが落ちやすくなります。

トイレの水位を下げるには、トイレが詰まった時に使用する「ラバーカップ(すっぽん)」を使うことができます。トイレが詰まった時のように排水口にラバーカップを当てて、数回押し引きするだけで、水位を下げることができます。

重曹とクエン酸を使う

エコ洗剤として有名な重曹やクエン酸を使って、トイレの黒ずみを落とすこともできます。重曹は弱アルカリ性のため酸性の汚れに強く、クエン酸は酸性のためアルカリ性の汚れを落とすのに便利です。

トイレの黒ずみには様々な原因があるため、性質の違う汚れを落とすのにこの二つはとても役に立ちます。さらに、重曹には消臭効果があり、クエン酸には殺菌効果があります。二つのダブル効果でトイレの黒ずみをピカピカにしていきましょう。

重曹とクエン酸を使ったお手軽掃除方法

重曹とクエン酸を使った手軽な掃除方法を紹介します。最初に、黒ずみのある汚れた箇所に重曹を直接振りかけてください。そこに、クエン酸小さじ1に対して水200mlを足して作ったクエン酸スプレーを振りかけます。シュワシュワと発泡してくるので、トイレブラシでこすって汚れを落としてください。

もし、黒ずみが頑固でなかなか落ちないなら、クエン酸&重曹パックがオススメです。やり方はまず、重曹を黒ずみに直接振りかけて、トイレットペーパーをあてます。その上からクエン酸水スプレーをかけてください。そうすると、発砲した状態でパックをすることができるため、黒ずみを落としやすくなります。

耐水性サンドペーパーで磨く

頑固な黒ずみには、耐水性のサンドペーパーで汚れを落とす方法もあります。これは、誤って便器に傷を付けてしまうこともあるため、あくまで最終手段として活用してください。

耐水性サンドペーパーを使った掃除方法

陶器でできているトイレの場合、1500番の耐水ペーパーを使用して黒ずみをこすり落としていきます。仕上げに2000番の耐水ペーパーを使って、滑らかに表面を整えていけば完了です。

ご家庭で簡単にできるトイレの黒ずみを落とす方法を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?黒ずみは時間が経つと落としにくくなるので、気になった時にこまめに掃除をすることが大切です。

黒ずみに効くトイレ用洗剤


トイレの黒ずみはできてしまったものを落とすことも大切ですが、洗剤を使ってできないように予防することも大切です。ここからは、こまめに掃除をする時間が取れない人にオススメの、トイレの黒ずみ防止に役立つトイレ用洗剤を紹介します。

ドメスト

「ドメスト」は、カビや酸性の汚れに効くアルカリ性の洗剤です。ドメストは便器のふちなどにかけておき、数時間後にこすると黒ずみを落とすことができます。

サンポール

トイレ掃除に役立つ酸性の洗剤が「サンポール」です。サンポールを便器のふちにかけておき、その上にトイレットペーパーを張り付けてもう一度サンポールをかけてパックしておくと、汚れがみるみる落ちていきます。サンポールパックは尿石の汚れも落としてくれるので、気になる方はぜひやってみてください。

スクラビングバブル超強力トイレクリーナー

「トイレ掃除は嫌い!」という人に便利なのが、トイレブラシ不要で掃除ができる「スクラビングバブル超強力トイレクリーナー」です。本体裏側の説明文にも「汚れを強力に分解するから、ブラシ不要でこすらず落とす!」と書かれてい通り、本当にブラシいらずで汚れを落としてくれます。

使い方もとても簡単です。「スクラビングバブル超強力トイレクリーナー」を、便器の内側やふちの裏側に直接かけて2、3分放置するだけで本当にキレイになります。落としにくい黒ずみもゴッソリ落としてくれます。

この「スクラビングバブル超強力トイレクリーナー」さえあれば、他の洗剤がなくてもトイレをきれいにできるため、とてもオススメです。

スクラビングバブル超強力トイレクリーナーのデメリット

「スクラビングバブル超強力トイレクリーナー」は塩素系の洗剤なので、臭いがきつい特徴があります。そのため、トイレのフタを開けたまま使用すると、トイレ内に塩素の強烈な臭いが充満してしまいますので、窓を開けるなどして換気をするようにしてください。

トイレのルック

「サンポール」以外の酸性洗剤でオススメなのが「トイレのルック」です。トイレのルックは洗浄力がとても優れていて、こびり付いてしまうと落としにくい黄ばみの原因である「尿石」も、酸のパワーでスッキリ除去してくれます。

さらに、黄ばみだけでなく落としにくい黒ずみや水垢汚れも、トイレブラシで強くこすらず簡単に落とせるのが大きな特徴です。トイレのルックは塩素系洗剤ではないため、妊婦や赤ちゃんがいるご家庭でも安心して使うことができます。

トイレのルックは塩素系洗剤のように臭いが強くなく、消臭効果の高いローズマリーやユーカリなどのハーブ成分を配合しているため、香りもさわやかです。除菌効果もプラスされており、最強のトイレ洗剤と言われています。

どうしても落ちなければ業者に頼む


優秀なトイレ用洗剤を使うとしても、汚れの種類によって使い分けたりするのは手間もかかりますし何かと面倒ですよね。そんな時は、プロの清掃業者に代行して掃除してもらうのも効率的な方法です。ここからは、トイレを見違える程きれいにしてもらえる、オススメのハウスクリーニング業者を紹介します。

おそうじ本舗

フランチャイズとして全国展開している「おそうじ本舗」は、47都道府県のどこからでも依頼できる便利なハウスクリーニングです。土日・祝日・夜間の施工日を希望したり、女性スタッフに来てほしいといった要望にも柔軟に対応してもらえる利便性があります。

おそうじ本舗では、人と環境に優しいエコ洗剤を使っているため、赤ちゃんやアレルギー体質の人でも安心して依頼できる体制が整っています。また、ウェブから簡単に見積りをしてもらえるため、仕事で忙しい人でも気軽に利用できるメリットがあります。

【サービス内容】
トイレクリーニング…7,500~11,500円(税抜)
サービス時間…約1時間30分

公式ページ

ハウスクリーニングのオン

「ハウスクリーニングのオン」は、北海道から九州までの主要都市に店舗があるため、利用できる地域の広いハウスクリーニング業者です。ハウスクリーニングは通常、見積りをおこなってから料金を決めますが、ハウスクリーニングのオンでは、利用料金が定額で決まっているため、追加料金の心配をせず依頼をできるメリットがあります。

価格は、作業をする場所や広さで決められているため、問い合わせた時に掃除をして欲しい場所や広さを伝えれば、その場で料金が確定します。見積もりをしてもらう時間がない人や早く掃除をして欲しい人にオススメのハウスクリーニング業者です。

【サービス内容】
トイレ(一式)…10,000円(税込)
2帖以上の場合…2,100円(税込)/1帖あたり
サービス時間…30分〜2時間
対応箇所…便座・便器・温水洗浄便座(分解可能なタイプは分解洗浄)・タンク水受け(内部は対象外)・鏡・床・換気扇カバー・換気扇内部・照明・天井・壁・戸棚扉・洗面台・窓(内側のみ)・ドア

公式ページ

ニコニコおそうじ

ネットで買い物する時の様に、買い物カゴに入れるだけでハウスクリーニングサービスを依頼できるのが「ニコニコおそうじ」です。思い立った時にすぐ注文できることや、作業日や金額が注文画面でいつでも確認できるメリットがあります。

ニコニコおそうじは、比較サイトやネット広告を利用しないことで中間マージンのコストを削減した、良心的な価格設定になっています。また、ハウスクリーニングでよくある「最低出張料金」もないため、希望するサービスだけを注文できる安心感があります。

ニコニコおそうじの最大の特徴は、必ず接客業経験者のあるスタッフを採用していることです。掃除の技術だけでなく親しみやすい接客を心掛けることで、サービスに対する要望を気軽に伝えられる身近な存在になれるよう努力しています。

【サービス内容】
トイレクリーニング…13,000円(税抜き)
オプション…タンク内洗浄3,000円(税抜き)/換気扇内部洗浄3,000(税抜き)
サービス時間…約1時間30分

クリーンクルー

入念な研修制度を取り入れることで、81.3%の利用者から「とても良い」と評価されているハウスクリーニング業者が「クリーンクルー」です。関東エリアで、毎年1万件以上のサービス実績を誇るクリーンクルーは、料金の完全後払い制を採用しています。仕上がりをチェックしてから代金を払えるため、追加料金を気にせず安心して作業を依頼することができます。

【サービス内容】
トイレクリーニング…12,000円~
サービス時間:30分~1時間
対応箇所…便器・便座・温水洗浄便座・タンク水受け・トイレ内床・トイレ壁・ドア・換気扇

まとめ


トイレの頑固な黒ずみを落とす方法を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。面倒なトイレ掃除でも、個々の汚れにあった方法で正しく掃除をすれば、見違えるほどきれいになります。どうしても落ちないトイレの汚れは、プロのクリーニング業者に依頼して、いつでも清潔な状態を保っていきましょう。

なおトイレ掃除のやり方全般を知りたい方は、「トイレ掃除を効率的におこなう方法とは?必要な道具や手順、頻度を解説にて詳細に解説しているので、ぜひお読みください!