靴クリーニングおすすめ6選!料金の相場やおすすめサービスを紹介

2020/07/10 / 2020/07/10

靴クリーニングおすすめ6選!料金の相場やおすすめサービスを紹介

おすすめの宅配クリーニングサービス

<1位> リネット
 〜単品式最安クラスで普段使いに最適!〜
<2位> リナビス
 〜しみ抜きも保管も無料!おせっかいが嬉しいサービス〜
<3位> 美服パック
〜1点543円~の最安パック料金が魅力〜
詳細は【口コミでわかる】宅配クリーニングおすすめ13社比較ランキング!!をご覧ください。


足は1日にコップ1杯分の汗をかくをいわれています。

手入れをせずそのままにしておくと、雑菌が繁殖したりカビが生えたりすることもあるため、定期的にクリーニングしましょう。

この記事では、靴クリーニングの相場や、おすすめのサービスをご紹介します。

靴を長持ちさせるための普段のお手入れ方法も紹介するので、あわせて参考にしてください。

靴はクリーニングに出せる?

技術の進歩で丸洗いが可能に

革靴やムートンは一般的には水洗いできないといわれている素材ですが、技術の進化により最近は丸洗いできるようになりました。

革靴やパンプス、レザーブーツ、ムートンブーツなどにしみついた汗や雨ジミなども、クリーニングに出すとキレイにできます

下駄箱に入れっぱなしにしていた靴にカビが生えたときは、「もう捨てるしかない…」と思ってしまいがちですが、クリーニングに出せばまた履けるようになることもあります。

補色サービス付きの靴クリーニングも

靴クリーニングには、無料の補色サービスが付いているサービスも多くあります。

補色とは、靴の色あせや変色、シミやカビ、キズなどを補修することです

傷やシミだらけでもう履けないと思っていた靴も、靴クリーニングと補色サービスを利用すると新品のようによみがえる可能性があります。

靴クリーニングの料金の相場は?

靴クリーニングの料金の相場は、2~7千円くらいのようです

店舗型のクリーニング店の方が送料がかからず、価格も安めですが、靴クリーニングを取り扱っているお店はそれほど多くありません

近所に靴クリーニングの取扱店がなければ、宅配クリーニングを利用するのがおすすめです。

何足かまとめて出して、1足あたりのクリーニング料金が安くなるようにするなど、工夫するといいでしょう。

靴専科 パンプス エコノミー(クリーム仕上げ付き)1,900円
革靴 エコノミー(クリーム仕上げ付き)2,500円
サンダル エコノミー(クリーム仕上げ付き)1,900円
ショートブーツ エコノミー(クリーム仕上げ付き)2,800円
ロングブーツ エコノミー(クリーム仕上げ付き)3,800円
白洋舎 紳士靴・婦人靴 2,500円(税別)
ゴルフシューズ 2,500円(税別)
ロングブーツ  4,000円(税別)
くつリネット 1足 6,980円(税抜)
2足パック 1足あたり6,480円(税抜)
3足パック 1足あたり5,980円(税抜)
4足パック以降 1足あたり4,980円(税抜)
せんたく便 2足パック(初回) 13,800円(税別)
2足パック(リピート) 13,500円(税別)
1足追加するごとに 5,600円(税別)
美靴パック 2足 5,500円
最適仕上げ(補色・ブラッシング)1足 860円

靴クリーニングは宅配サービスがおすすめ

宅配の靴クリーニングサービスには以下のようなおすすめポイントがあります。

忙しくてもクリーニングに出せる

仕事が忙しくて、お店の営業時間内に持って行けないという方も多いのでは?

宅配クリーニングなら、24時間Webで申し込みできます

仕事に行く前にコンビニから発送したり、都合のいい時間に集配に来てもらえばいいだけなので、時間も手間もかからずラクです。

料金が明確

店舗型のクリーニング店だと、料金がはっきりわからないことも多いです。

持ち込んだら、追加料金などで思っていたよりも高い料金をいわれ、気まずくて断れないという場合も。

宅配クリーニングならホームページに料金がわかりやすく明示されているので安心です

意外と高くない

宅配クリーニングは料金が高そうというイメージがあります。

しかし実際は、実店舗がない分人件費や固定費がかからないので、逆に安くサービスを提供できる場合もあります

次シーズンまで保管してくれるサービスも

靴が多くて下駄箱に入りきらないという人には、保管サービス付きの靴クリーニングがおすすめ。

温度や湿度が管理された、適切な環境で保管してもらえるうえに、自宅の収納スペースが空いてスッキリします

靴クリーニングサービスおすすめ6選

美靴パック

2足 5,500円

クリーニングしたい靴が2足あるときには美靴パックがおすすめです。

一般的にブーツなどはクリーニング料金が高くなりますが、どんな靴でも一律料金なのが魅力です

機械を使わずに、1日かけてじっくり自然乾燥させ、型崩れを防ぎます。

1足860円の最適仕上げをプラスすると、補色やシミ、カビの除去もしてもらえます。

公式ページ

くつリネット

ライトコース 2足パックで1足3,480円

ライトコース 3足パックで1足2,980円

ライトコース 4足パックで1足2,480円

スタンダードコース 2足パックで1足6,480円

スタンダードコース 3足パックで1足5,980円

スタンダードコース 4足パックで1足4,980円

スペシャルコース 2足パックで1足7,480円

スペシャルコース 3足パックで1足6,980円

スペシャルコース 4足パックで1足5,780円

4足以上まとめて宅配クリーニングに出したければ、リネットがおすすめです。

1足だけクリーニングに出すと3,980円ですが、4足以上になると1足2,480円とかなりお得になります

スタンダードコースは補色・起毛シミ抜き、ブラッシング付き。

スペシャルコースはスタンダートコースにプラス撥水加工も付いています。

最短14日後のお届け。1足あたりプラス1,000円で最大9か月の保管サービスもあります。

公式ページ

ワードローブトリートメント

靴 5,280円~

パンプス 5,280円~

ショートブーツ 6,380円~

ハーフブーツ 7,260円~

ロングブーツ 8,360円~

スニーカー(布製) 3,960円~

スニーカー(本革製) 5,280円~

ブランド物の大切な靴のクリーニングなら、ワードローブトリートメントがおすすめです。

「お客様のご要望に対して、決してNOと言わない」がモットーの最高級オーダーメイドクリーニングのお店。

最高の設備と技術を持った職人による仕上げで、ほかのお店では落とせなかった汚れにも対応します。

公式ページ

せんたく便

2足パック(初回)13,800円(税別)

2足パック(リピート利用) 13,500円(税別)

1足追加パック5,600円

靴クリーニングと補色、保管をまとめて依頼したいときにはせんたく便がおすすめです。

革靴に栄養を補給しつつ傷まないように洗浄し、職人の手作業で1点1点補色。

最短5営業日で専用ボックスに入れてお届けします。

無料で最大9か月、厳密な温度・湿度管理や遮光、防虫、防カビ対策を施した保管専用ルームにて保管してもらえます

公式ページ

靴専科

ビジネスシューズ超音波洗浄(クリーム仕上げのみ)2,500円

パンプス超音波洗浄(クリーム仕上げのみ)1,900円

ショートブーツ超音波洗浄(クリーム仕上げのみ)2,800円

ロングブーツ超音波洗浄(クリーム仕上げのみ)3,800円

近所に靴専科の店舗がある方には、靴専科のクリーニングがおすすめです。

特殊洗剤とオゾン水を使用して、汗、汚れ、ホコリ、ニオイ等を徹底的に取り除きます

上記の価格にプラスすると、手洗い洗浄や全体の補色などのサービスもあります。

公式ページ

白洋舎

紳士靴・婦人靴(お店に持込み)2,500円(税抜)
ロングブーツ(お店に持込み)4,000円(税抜)
ゴルフシューズ(お店に持込み)2,500円(税抜)

近所に白洋舎の店舗がある方には、白洋舎がおすすめです。

オゾン水を使って丸洗いするので、汚れと一緒ににおいも取り除きます

軽微なすれなどは目立たないよう補色してもらえます。

公式ページ

靴クリーニングの仕上がりまでの期間は?

店舗型の靴クリーニングの場合、最短で4日後くらいの受け取りが目安です。

宅配の靴クリーニングの場合は、2週間くらいかかる店舗が多いようです

衣替えの記事は納期が長くなりがちなので、余裕をもってクリーニングに出しましょう。

靴クリーニングに出すタイミングは?

靴はどのようなタイミングでクリーニングに出せばいいのでしょうか。

判断する目安は以下のような場合です。

  • 雨に濡れてシミができたとき
  • においが気になるとき
  • カビが生えたとき
  • 衣替えのタイミング

汚れたときはなるべく早めにクリーニングに出すのがおすすめです

まとめて依頼したほうがクリーニング料金は安くできるので、理由がなければ衣替えのタイミングでまとめてクリーニングに出すのがいいでしょう。

普段の靴のお手入れ方法

頻繁に靴をクリーニングすると、コストも高くつくうえに、生地も傷みやすくなります。

普段のケアでなるべくきれいな状態をキープし、靴を長持ちさせましょう。

ブラッシングをする

帰宅後は、ブラシを使って靴の汚れや砂ぼこりを落とします。

頑固な汚れになる前に、こまめに落とすことが大切です

シューキーパーを使う

靴を履いた時にできたしわを伸ばし、型崩れを防ぐために、シューキーパーを入れて保管しましょう。

風通しのいい場所で陰干しする

靴は定期的に風通しのいい場所で陰干しすると、雑菌やカビの繁殖を防ぐことができます

また、帰宅後すぐに下駄箱に入れると、密閉された空間で湿気がこもってしまうので、湿気をとばしてから下駄箱に収納するといいでしょう。

定期的に靴クリーニングをしよう

自分では水洗いできないような素材の靴でも、クリーニングに出せばきれいにしてもらえます。

クリーニングプラス補色もしてもらうと、まるで新品のように生まれ変わりますよ。

靴クリーニングを受け付けている店舗が近くにない場合は、24時間申し込みできて、自宅から出ずにラクに依頼できる宅配クリーニングがおすすめです。