快適な家で過ごしたい!整理収納のコツとポイント、おすすめのサービスもご紹介します!

2020/02/11 / 2020/05/28

快適な家で過ごしたい!整理収納のコツとポイント、おすすめのサービスもご紹介します!

おすすめの家事代行サービス

<1位>ベアーズ
〜高品質で安心の最大手家事代行!~
<2位>CaSy
〜登録無料!1時間2190円〜の低価格安心家事代行~
<3位>タスカジ
〜1時間1500円~の最安家事代行〜

詳細は【口コミで比較!】おすすめ家事代行ランキング11選!をご覧ください。


書店では断捨離や整理収納術の本がたくさん並び、ネットでも検索すれば片付けに関する記事をいくつも見つけることができます。

もっと物を減らしたい。雑誌のようなすっきりとした部屋にしたい。

そう思っていても片付けが苦手という人は多いのではないでしょうか。

整理収納には簡単なルールとコツがあり、ポイントをおさえればスムーズに片付けが行えます。

その方法や注意点、またおすすめの家事代行サービスもご紹介します!

整理収納3つのメリット

整理収納をするとどのような効果があるのでしょうか。

得られるメリットを3つあげてみました。

時間的効果

どこになにがあるのか把握しているので、物を探さなくてよくなり時間を有効的に使えます。

経済的効果

同じような物をいくつも買わなくなることで無駄遣いすることがなくなり、さらにスペースも快適に使えます。

精神的効果

散らかった家に帰るストレスや片付けをしなければというイライラが減ります。

片付けの3ステップ

下の3つはは片付けをするときの基本のステップです。

片付けのルールはシンプルですが順番が大切です。基本のルールをおさえてスムーズに片付けしましょう。

①全部出す
②「使っている物」「使っていない物」で分ける
③使っている物を収納する

物を全部出す

自分の持っている物を把握し、選別するために引き出しや棚の中の物をいったん全部取り出します。

大きな収納アイテムや収納庫を行うときは物が多いため、レジャーシートなどを敷いて並べていきましょう。

同じ物を買っていたり、こんなところにあった!と探していたものが見つかったり気づくことがあるかもしれません。

それとざっくりでいいので出す作業と次の分ける作業を一緒に行うと効率よく行えます。

また物を取り出したついでに収納場所の掃除も行っておきましょう。

仕分ける

取り出した物を選別してきます。

「いる」「いらない」ではなく「使っている」「使っていない」を判断基準にしましょう。

1年以上使っていなければ今後も使う可能性は低いです。

同じような物をいくつも持っている、頂き物だけど使っていないなどで仕分けをするのもいいでしょう。

仕分けるのに初めは時間がかかるかもしれませんが、慣れてくると短時間で仕分けられるようになってきます。

使っていない物は処分します。

使いづらい、汚れてしまって使わないなども処分の対象です。

保留にする

判断に迷うものがあれば一度保留にし、普段使うものとは別な場所にしまっておきます。

時間がたってから改めて判断しましょう。

ただし、収納に場所をとる、保管に手入れが必要な物は手間やコストをかけたいか、保管をしておきたいか見直してみることも大切です。

しまう

収納は使う頻度で分けると使いやすくなります。

毎日使う物は出し入れしやすく、戻しやすい場所を意識してみましょう。

カテゴリーごとに分けて、まずは手持ちの収納にしまってみることをおすすめします。

収納のコツを習得しよう!

収納するときのコツを覚えて活用すると、物が増えにくく、きれいな状態を保ちやすくなります。

物が見やすく、出し入れしやすいように収納する

どこに何がどのくらいあるのか、ひと目で分かるようにすると使い勝手がよい収納になります

物が重なっていたり、よく使うものなのに奥にしまいこんでいたりしませんか?

毎日使うものは少ない動作で出し入れできるほうが楽ですし、探しものがなくなる、二重買いしない、時短になるなどストレスを感じることがなくなります。

1つの場所には1ジャンルだけにする

引き出しなどに有効な方法です。

空いているスペースに入るだけ入れてしまうとごちゃごちゃしていまい、出し入れしにくいだけでなくストックの把握もできません。

ジャンルを決めておけば乱雑にならず、分かりやすいうえに取り出しやすくなります

ボックスやカゴ、仕切りを使って種類ごとに分けて収納しますが、収納する物の分量に合った収納アイテムを使うようにしましょう

そうすれば減らし時がひと目で分かります。

とくに紙袋やプリント類は増えやすいのでおすすめです。

ラベリングする

ボックスやカゴに収納したときは、中に何を入れているのか分かるようにラベリングしておきましょう

同じデザインの収納アイテムを使用している場合は必須です。

中をいちいち確認しなければ分からないようだと手間になるためきれいな状態が続きません。

ボトルなど並べて収納したいときは、ナンバリングすると戻す順番も分かりやすく、しかもおしゃれな印象になります。

動線を意識する

物は使う場所の近くに収納するのが基本です。

収納する場所が離れていると、使ったあとにそのまま放置しがちになります。

使ったら戻す動作がスムーズにできる流れを意識しましょう

家族の収納を考えよう

整理収納は、家族の趣味や性格などがでやすいもの。

そのため家族の間で温度差がでてなかなか進まないこともよくある話です。

家族を含めた収納を考えるときに注意することやヒントをご紹介します。

家族の物を勝手に捨てない

家族がいれば家族の分だけ物があるのが当たり前です。

家族の物が多いと気になるかもしれませんが、勝手に捨てるのはご法度。

人にはいらないと感じる物でも、本人には大切な物、思い入れのある物かもしれなません。

適切にコミュニケーションをとることで、それがどういった物なのか理解できます。

その上で、使っている本人に区別してもらうようにしましょう。

スペースを決める

とはいっても無尽蔵に物を増やされても困ります。

各自のスペースを決め、そこには口出しをしないルールを作るといいでしょう。

ただし、そのスペースに入りきるだけにしてもらい、増え過ぎたら自分で処分するように促します。

子どもにも同じルールを作ることで、必要なものと必要でないものを自分で判断する練習にもなります。

デジタル化する

子どもの絵や工作などの作品、取扱説明書やとっておきたいプリントなどをデジタル化することで検索できるようになり、スペースも空くので一石二鳥です。

デジカメやスマートフォンで写真を撮ってもいいですし、スキャンしてデータにしておいてもいいでしょう。

データなら劣化も防げますし、プリントすれば紙の状態に戻せます。

「もったいない」の解消法

片付けをしていると必ず心に浮かんでくるのが「もったいない」という気持ち。

けれども「もったいない」と捨てずに持っていては結局同じことの繰り返しになります。

発想の転換をしてみましょう。

  • 「使っていない」ことがもったいない
  • 活かせてないのに、場所をとることがもったいない

捉え方を変えて「だったら使ってくれる人に譲ろう」という意識に変えていきましょう。

オークションやフリマアプリに出品したり、リサイクルショップに買い取ってもらえば、捨てる罪悪感を感じずに手放すことができます。

整理収納で気をつけること

整理収納をするときにやりがちな注意点をご紹介します。

収納グッズを先に買わない

整理収納で処分するのが一番多いのは実は収納アイテムなんです。

さあ片付けようと一念発起したとき収納アイテムをまずは買ってしまいがちですが、うまく使いこなせなかったり、結局物が増えただけだったという経験はありませんか?

それに購入したものの使いづらいアイテムを使い続けるのも気持ちのいいものではありません。

もともとある収納アイテムにしまってみて、足りないアイテムがあれば買い足すようにしましょう。

普段使うものから片付ける

片付けはどこから始めたらいいでしょうか。

靴下や下着、またはキッチンや洗面台などから始めることをおすすめします。

カテゴリーが限定されているので仕分けしやすく、思い出のある物も少ないからです。

また下着類などは、1つ購入したら1つ処分することを心がけると、増えすぎることがありません。

逆に仕分けに時間と精神力が必要な思い出の品物や書類、趣味のものなどは後回しにします。

分別することに慣れてきたら取り掛かりましょう。

完璧を求めない

生活をしていれば乱れたり、汚れたりすることはよくあること。

整理できない状態を責めないようにしましょう。

一時的に仮置きできる場所を作ると散らかりっぱなしにならないためストレスを軽減することができます。

カゴやボックスなどを用意して仮置き場所を作り、タイミングをみて片付けるようにします。

プロに依頼するのもアリ!おすすめの業者3選

どこから手を付けたらいいか分からない、時間がない、片付けが苦手など自分で整理収納するのはハードルが高いと感じているなら家事代行サービスを利用するのがおすすめです。

作業するスタッフは整理収納の資格を持っていたり、研修を受けていたりするプロです。

アドバイスをしながら片付けをしてくれることも多いので一度依頼するとコツを覚えられて、その後の片付けにも役立ちます。

おすすめの片付け代行を行ってくれるサービスを3社ご紹介します。

片付け代行サービスを実際に利用した人の口コミは「これでスッキリ!口コミの良いおすすめ片付け代行サービス10選!」にて紹介していますので、合わせて確認してみてください。

タスカジ

タスカジ
タスカジは、ハウスキーパーと家事を依頼したい人をマッチングするサイトです。

ハウスキーパーである「タスカジさん」一人ひとりに得意分野を持っており、自分に合ったタスカジさんを見つけることができます。

アカウント登録後、レビューやプロフィールを確認しながら好みのタスカジさんを選び、Webから依頼しましょう。

ハウスキーピング協会」という団体が認定する整理収納アドバイザーの資格を持つタスカジさんも多くいるのでヒアリングをしながら使いやすい収納を提案し、行ってくれます。

登録自体は無料なので、まずは登録して自分に合ったタスカジさんがいるか確認してみるのがおすすめです。

料 金 1時間あたり1,500円(税込)~
タスカジさんのスキルやランクによって料金は変わります。
作業時間 3時間の固定
交通費 別途必要(実費)

公式ページ

Casy


Casyは住宅の清掃全般を行っていて、その中で整理収納を依頼することができます。

厳しい審査を受けて、研修やトライアルを修了した「キャスト」と呼ばれるスタッフが作業を担当することで質の高いサービスを提供しています。

お掃除全般での依頼になるので、お部屋の片付けと水回りの掃除をやってほしい!なんて依頼もできる自由度の高さも魅力の一つです。

料 金 1時間あたり2,500円(税抜)
キャストの指名などオプションもあり(1時間あたり400円)
作業時間 2時間以上30分単位 4時間まで
交通費 700円(税込)

会員登録後はWebでかんたんに予約ができ、スポット利用では当日3時間前まで依頼可能なので急な来客のときなどに便利です。

CaSyも登録は無料なので、すぐに依頼できるように登録だけ済ませておくのがおすすめです。

公式ページ

ダスキン・メリーメイド

メリーメイド
ダスキン・メリーメイドは30年の実績を持ち、教育されたスタッフによるプロの家事代行サービスです。

47都道府県すべてに店舗があり、幅広いサービスを展開しています。

「おかたづけサービス」では、事前訪問のよるヒアリング(無料)を行い、スタッフ2名により使いやすい収納場所や方法を提案。

使いやすさなどを考えつつ、ライフスタイルに合った収納のアドバイスをしています。

3つのプランをご紹介しますが、料金は地域により異なるため近くの店舗を確認することをおすすめします。

ご希望のおかたづけプラン


要望を聞きながら片付けが難しいと感じているところを整理し、きれいに使いやすくライフスタイルに合った収納をしてくれるプランです。

標準料金 15,400円(税込)~
作業時間 2時間(スタッフ2名)

箇所別おかたづけサービス


希望の1箇所だけを片付けるサービスとなっていて物の分類をし、取り出しやすい収納を行います。

押入れなど物の把握ができていない場所を片付けたい人や「おかたづけサービス」をお試しで利用してみたい人におすすめです。

標準料金 11,500円(税込)~
作業時間 1時間30分(スタッフ2名)

すっきりと暮らすライフ整理サービス


生前整理を意識したサービスとなっています。

安全に暮らしたいと感じている人、家族の遺品を整理したい人などにおすすめで、気持ちに寄り添い、物に向き合いながらゆっくりていねいに行っていきます。

 

標準料金 6,600円(税込)~
作業時間 2時間(スタッフ1名)

公式ページ

まとめ

整理収納をスムーズに行うためのルールや方法をご紹介してきました。

物が多い、使いづらいと感じながら日々生活していくのは意外とストレスになるものです。

しかし片付けたいという気持ちはあるけれど、なかなか手がつけられないのが現状。

先延ばしにするよりはいっそのことプロにお願いするのがいいかもしれません。

プロと一緒に片付けをすることで物に対する意識が変わったり、収納方法にヒントをもらったりとこれからの生活に役立つ気づきが得られるでしょう。

なお、今回は整理収納・片付け全般について説明してきましたが、衣類に関する収納は「クローゼットの収納は棚でスッキリ!デッドスペースを無駄なく活用する方法」にて解説しています。