その他家事コラム

【大掃除のコツを大公開!】効率よく作業するテクニックとは?

おすすめのハウスクリーニングサービス

<1位> おそうじ本舗
 〜業界No.1店舗数の高品質サービス〜
<2位> おそうじ革命
 〜最安値クラスなのに質も高い高コスパサービス〜
<3位> オン
 〜スタッフの対応の良さ、料金の明朗さが好評〜

詳細は【口コミ比較】おすすめハウスクリーニングランキング8選!!をご覧ください。

引っ越しや年末などに、家族総出で家中大掃除をすることってありますよね。ただやみくもに始めても、なかなか思うように進まない大掃除ですが、ちょっとしたポイントをおさえるだけで、スムーズに進めていくことができます。この記事では、大掃除を効率よく進めていくための手順やポイントを分かりやすく紹介します。

大掃除前の準備で大切な事


大掃除を円滑に作業を進めていくためには、本番前の念入りな準備が欠かせません。ここからは、大掃除を始める前にしておきたい大切な準備を4つ紹介します。

不用品の処分

大掃除の第一歩は、不用品の処分から始まります。物があふれていると掃除の邪魔になるだけでなく、片付けに時間を取られてしまうので、不用品を処分することは大掃除の下準備としてとても大切な作業になります。

何を捨てたらいいか、断捨離の苦手な人にオススメの方法を紹介します。まず、段ボール箱を3つ用意してください。1つ目の箱には、ゴミとして捨てる不用品を入れます。2つ目の箱には、誰かに譲ったりあげたりできる物を入れます。3つ目の箱には、捨てるか取っておくかで迷っている物を入れてください。こうすることで、ごちゃごちゃと部屋にあった物がきちんと分類されて、部屋の中がスッキリします。

掃除場所のリストアップ

不用品を片付けて部屋の中がある程度スッキリしたら、今度は大掃除する場所をリストアップします。紙に、どこを掃除すればいいのか書いていきましょう。玄関・浴室・トイレ・リビング・寝室など大まかに掃除する箇所を書いてください。

道具を揃えておく

掃除する場所のリストアップが終わったら、掃除道具があるかを確認します。家族で各部屋ごとに分担して掃除をするのであれば、その数だけ道具がなければ作業ができません。特に、雑巾や洗剤などよく使う道具は必要な分だけあるかチェックしておくのを忘れないでください。

用意しておくと便利な掃除道具に、新聞紙・軍手・ゴム手袋・メラミンスポンジなどがあります。雑巾は市販の物を買うこともできますが、使い古した洋服やタオルなどを小さく切って利用すると経済的です。

掃除する順番を決めておく

掃除道具の確認が済んたら、今度は掃除する順番を決めます。複数人で掃除をするなら、部屋ごとに誰が掃除をするか担当者を決めておくと良いですね。掃除にかかる予想時間も書いておくと、時間の流れを確認しやすくなります。

掃除を進めていく手順のポイント


大掃除の前準備が整ったら、いよいよ掃除を始めていきましょう。その際にどこから掃除を始めるかが、大掃除をなるべく早く終わらせるための重要なポイントになってきます。ここからは、大掃除をスムーズに進めていくための手順を紹介します。

汚れが飛び散る水回りから先に

掃除を始めるとまず掃除機をかけたくなりますが、先に水回りから作業を進めていくと、効率よくスタートを切ることができます。そのため、キッチン・浴室・洗面所・トイレから掃除を始めていきましょう。普段使っている箇所程汚れが溜まりやすく落とすのに時間がかかるので、最初に掃除を済ませておくと後が楽になります。

ホコリ取りと拭き掃除は高いところから

床の掃除機をかける前に、高い位置にあるホコリや棚の拭き掃除をしておくのも大事なポイントです。掃除の基本は、高い位置から低い位置へ。うっかり床の掃除を先にしてしまうと、せっかくきれいにしたのに、後から棚の掃除をしてしまって床を汚してしまった!と「掃除の二度手間」になってしまいます。掃除を「高い位置からする」ことを心掛ければ、そうした悲惨な状況を避けることができます。

途中で欲張って無理に箇所を広げない

「せっかくの大掃除なので、普段掃除できていない箇所もしっかり掃除しよう!」と、あれもこれも手を出すと時間が足りなくなってしまいます。こまめに掃除ができていない箇所程、汚れが蓄積されていて落とすのに時間がかかります。気づけば他の箇所の掃除ができずに一日が終わってしまった…なんてことのないように気を付けたいですね。

玄関より遠い場所から始める

玄関より遠い場所から掃除を始めるのも、効率的に掃除を進めるポイントです。奥のゴミを入り口から出すイメージで掃除を進めていきましょう。例えば、3階建ての家であれば、3階から始めて2階、それから1階へと掃除を進めていきます。中途半端に2階から掃除を始めてしまうと、3階の掃除をする時にまた汚してしまうかもしれません。同じ所を何回も掃除することのないよう、掃除は玄関より遠い場所から始めていきましょう。

ほとんどの汚れに効くあると便利なもの


環境に優しい大掃除にあると便利なものを紹介します。

重曹

重曹が掃除に使えることを知っている人は多いのではないでしょうか。ドラッグストアでも売られている重曹は、炭酸水素ナトリウム(NaHCO3)とも呼ばれていて、白い粉末で水に溶ける弱アルカリ性の物質です。

【重曹の特徴】
・油汚れを落としてくれる
・消臭効果がある
・金属のサビを落としてくれる
・ヌメヌメを綺麗にしてくれる
・焦げ付きを落としてくれる

重曹は様々な場所で使える使用範囲の広い、便利な掃除道具です。

【玄関の掃除】
小さなコップに重曹を入れて下駄箱のいちばん奥に置いておくと、重曹の消臭効果で爽やかな空間に変わります。

【換気扇の掃除】
500mlのぬるま湯に大さじ2杯の重曹を入れたものを換気扇にスプレーします。拭き取れば、きれいでピカピカになります。

【排気口の掃除】
排水口全体に重曹を振りかけて5分程放置します。スポンジでこすってすすぐだけでツルツルになります。

【カーペットの掃除】
前夜に重曹を振りかけておき次の日掃除機をかけるだけで、汚れやニオイを吸着してくれます。

セスキ炭酸ソーダ

セスキ炭酸ソーダは、とにかく汚れがよく落ちると人気の高いエコ洗剤です。セスキ炭酸ソーダは自然界で見られるトロナセスキ鉱石を精製した物で、重曹より強めのアルカリ性です。比較すると重曹よりも粒が大きく、さらさらした印象があります。

セスキ炭酸ソーダは弱アルカリ性ですが、重曹よりアルカリ度が強いため「重曹よりも汚れがよく落ちる」と言われています。そのため、重曹では落とせなかった頑固な汚れでもセスキ炭酸ソーダを使ってみると、驚くほど汚れが落ちる場合があります。それだけセスキ炭酸ソーダは強力ということですから、肌荒れを起こしやすい人はゴム手袋を着用することをオススメします。

【お手軽セスキ炭酸ソーダ水の材料】
セスキ炭酸ソーダ…小さじ1/2
水…100ml
スプレーボトル

スプレーボトルにセスキ炭酸ソーダを入れ、水を加えてよく混ぜます。これを落としたい汚れに吹きかけるだけです。セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすいので、作るのはとっても簡単!ぜひ試してみてください。

【セスキ炭酸ソーダの注意点】
・セスキ炭酸ソーダはアルミ素材の物には使用できません。うっかりアルミ鍋を洗ってしまわないように気を付けてください。
・セスキ炭酸ソーダはフローリングのワックス剤をはがしてしまいます。
・セスキ炭酸ソーダはその他、畳・本革・白木等コーティングされていない木材には使えません。

クエン酸

レモンでおなじみのクエン酸は、重曹やセスキ炭酸ソーダと違い酸性の性質を持っています。クエン酸は、魚の生臭い臭いやタバコの臭い、トイレのアンモニア臭を中和させる働きがあります。クエン酸もスプレーを作って利用すると掃除がしやすくなります。

【クエン酸水スプレーの作り方】
クエン酸…小さじ2杯〜2杯半程
水…500ml
スプレーボトル

スプレーボトルにクエン酸と水を加えてよく混ぜます。これを落としたい汚れに吹きかけるだけです。クエン酸は水に溶けやすいので簡単に作れます。

【クエン酸の注意点】
・セメント・大理石・鉄に使用すると錆びたり傷んだりする
・湿気に弱いので乾燥した冷暗所で保存する
・塩素系漂白剤と混ぜると有毒ガスが発生する

メラミンスポンジ

便利なお掃除グッズで人気のメラミンスポンジも、大掃除に欠かせない必須アイテムです。メラミン樹脂が原料のメラミンスポンジは、洗剤要らずで汚れを落としてくれるため、洗剤を使いたくない箇所の掃除に最適です。

【メラミンスポンジの使い方】
メラミンスポンジを好きな大きさに切って、少し水で濡らして絞るだけで、すぐ使うことができます。特に、冷蔵庫の中や電子レンジや炊飯器の中など、キッチン家電の掃除にピッタリです。

【メラミンスポンジの注意点】
メラミンスポンジで汚れをこすっていると、ポロポロと削りカスが出てきます。つまり、表面を摩耗しながら汚れを落としている訳です。そのため、表面が塗装されている物やコーティングされているフローリングなどには使用できません。

自分で出来ない所を頼むのにおすすめの掃除業者


大掃除は自分ですることもできますが、時間や体力がない時には、専門の業者に頼む方が効率的な場合があります。ここでは、大掃除を任せたいオススメの掃除代行会社を紹介します。

おそうじ本舗

全国に1,200店舗以上ある「おそうじ本舗」は、日本全国どこからでも掃除の依頼ができる大手企業です。植物が原料の安全なエコ洗剤を使用することで、赤ちゃん・ペット・アレルギーのある方でも安心して作業してもらえます。

おそうじ本舗は、土日や祝日・夜間でも対応してくれますので、週日は仕事で忙しい人にも利用しやすいメリットがあります。さらに女性スタッフに来てもらいたい旨を伝えるとできる限り対応してくれて、ハウスクリーニングで出たゴミを持ち帰ってくれるなど、至れり尽くせりの掃除代行業者です。

・在宅まるごとクリーニング(キッチン・換気扇・浴室・洗面所・トイレ・ガラス・サッシ)…32,000円~
・お引越し前・後まるごとクリーニング(キッチン・換気扇・浴室・洗面所・トイレ・ガラス・サッシ・簡易清掃・床バキューム)…24,000円~
・お手伝いパック(3時間定額で組み合わせ自由)…15,000円

公式ページ

カジタク

カジタクは、イオングループが運営している掃除代行業者です。大手ならではの充実したスタッフ研修や管理体制・リーズナブルな価格設定が人気の掃除代行業者です。カジタクの特徴に、仕上がりに満足できなければ掃除をやり直してもらえる「仕上がり満足保証」があります。さらに、手間のかかる見積もりはせず、全国一律料金のため余計な出費が掛からないのもカジタクのメリットです。

・大掃除サービス4ヶ所セット…39,800円~

公式ページ

ベアーズ

ベアーズは1999年の創業以来、東京大阪など5大都市を中心に全国でサービスを提供してきた、実績ある掃除代行業者です。前日17時までに予約の変更やキャンセルをすれば、キャンセル料が一切かからないのがベアーズの魅力です。そのため、仕事をしている共働き世帯からの利用が多くリピーターが多い特徴があります。

ベアーズでは、清掃箇所の汚れや状態に合った専用洗剤や資材を駆使する「専門型」の清掃サービスを行っています。また、スタッフが分かりやすく説明してくれることや効率的でスピーディーな作業をしてくれることに定評があります。サービス精神旺盛なのが、ベアーズの魅力です。

・大掃除パーフェクトコース…32,000円~
・大掃除スタンダードコース…24,000円~
・大掃除ライトコース…16,000円~

公式ページ

詳細ページ

ダスキン

見積もりでしっかりとこちらの要望を聞いてくれるのが、大手企業「ダスキン」です。全国に支店があるため依頼をしやすく、知名度があるため信頼も厚いです。見積り金額が出た後は、追加で依頼しない限りは料金がプラスされることもないため、安心して作業を任せることができます。

ダスキンでは、独自のサービスメニューが豊富に用意されています。例えば、ソファやイスの汚れを取ってくれる「ファニチャークリーニング」や、手入れが難しい白木の美しさをよみがえらせる「白木クリーニング」など、必要な人にはとても嬉しいメニューです。

・ハウスワイドサービス(キッチン・浴室・トイレ・洗面所・ガラス・サッシ・網戸など、家中の掃除をまとめて引き受けてくれるサービス)…標準料金:24,840円

まとめ


大掃除に役立つ掃除テクニックやポイントを紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。自分できれいに掃除をすると充実した気持ちになりますね。とはいえ、時間がないならプロに丸投げしてしまうのも一つの手です。ご家庭に合った掃除方法を役立ててみてください。

おすすめのハウスクリーニングサービス

おすすめのハウスクリーニングサービスを紹介します。
自分にあったハウスクリーニングサービスがわからず迷ってしまう方はぜひ参考にしてください!

ゴミ屋敷バスター七福神


ゴミ屋敷バスター七福神は、上記のようにどんな汚い家でも片付けをしてくれるサービスです。深夜でも対応なので忙しくて日中忙しい方も是非一度ご利用して見てください!

基本情報

基本料金:30,000円(1R/1K)~
交通費:コース料金に含む
損害補償:あり
対応エリア:(関東エリア)東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城 (関西エリア)大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山 (東海エリア) 愛知、岐阜、静岡、三重

公式ページ