家事代行

家事代行サービスのトラブルと未然に防ぐための対処法を解説

家事代行サービスを利用する上で、どんなトラブルが起こりうるのかを知っていると未然に対処できます。トラブルが起きてからでは、取り返しがつかない事態に陥ってしまうかもしれません。家事代行サービスで起こりやすいトラブルや未然に防ぐための対処法を紹介します。

家事代行サービスで考えられるトラブル


家事代行サービスで起こりやすいトラブルは次の5つです。

  • 料金トラブル
  • 作業内容トラブル
  • 家具や物品の破損
  • 貴重品の盗難
  • 担当のスタッフが合わない

料金トラブル

家事代行サービスを利用するなかで、お金に関するトラブルは少なくありません。業者ごとに料金プランや内訳に差があるゆえに誤解が生じ、トラブルに発展しやすいのです。複数の業者に見積もりを依頼する場合は、次の6つの項目を確認しておきましょう。

  • 1時間あたりの料金と最低依頼時間
  • 延長時間の単位
  • スタッフの交通費
  • スタッフの指名料
  • キャンセル費用
  • その他(オプション費用など)

家事代行サービスでは、基本となる料金プランの他に利用者のライフスタイルや自宅、頻度に合った「オーダーメイドプラン」が用意されています。ただし、自由にプランを組めるメリットがある反面、料金の計算が複雑になり、予算を超えるケースが少なくありません。必要なサービスかを受けられる業者を選びましょう。

作業内容トラブル

家事代行サービスでは、作業内容によるトラブルも少なくありません。利用者から業者に対し、担当スタッフが依頼通りに作業をしない、作業内容を把握していないなどのクレームが寄せられています。原因の一つは、作業量に対する時間配分です。

家事代行サービス業者のなかには、アルバイトやパートを雇って現地に派遣するケースがあります。作業に必要な知識や技術の指導が十分に行われていない場合、時間内に作業を終えられない、行き届いたサービスができない事態を招いてしまうのです。

家具や物品の破損

担当スタッフの不注意によって、家具に傷がついたり、食器が割れたりするトラブルも発生しています。大手をはじめ家事代行サービス業者では、万が一の損害に備えて「損害賠償保険」に加入しているため、家具や物品が破損した場合、利用者は損害による補償を受けられます。

しかし、破損による補償を受けられても、壊れてしまった物は元に戻せません。親から子へ受け継がれた物や思い出の品がある場合は、担当スタッフに触れさせないよう業者に伝えておきましょう。

貴重品の盗難

大手の家事代行サービスを利用していても、貴重品の盗難のリスクはゼロではありません。利用者の不在時は担当スタッフだけの空間になり、自由に悪さができる状況が発生するからです。また、担当スタッフが利用者の許可を取らずに、物の配置を変えてしまう場合があります。利用者は担当スタッフが盗難を働いたと誤解するためにトラブルになるのです。

担当スタッフと合わない

「意思の疎通が図れない」「プライベートに干渉される」など、担当スタッフとのコミュニケーションがうまく取れないトラブルもよく聞きます。担当スタッフのコミュニケーション能力の低さや気さくすぎる人柄が原因になるためです。

担当スタッフのコミュニケーション能力が低いと、スムーズなやり取りができず利用者の不満につながります。一方で、気さくな人柄の人は他人の懐に入るのがうまいゆえに、意図せずして利用者のプライベートに干渉する場合があります。

依頼主が原因で起こるトラブル


家事代行サービスでは、依頼主である利用者側の原因でトラブルに発展するケースもあります。具体例は次の通りです。

  • 依頼者が約束の時間にいない
  • 合鍵が使えない
  • 家電製品の不調

依頼者が約束の時間にいない

利用者が予約を忘れる、急用で留守にするなど、約束の時間に自宅にいないのが原因でサービスを受けられないトラブルが発生しています。キャンセル料金がかからない場合でも、予約の2~3日前までに連絡をしなければなりません。

一方で、キャンセル料が発生する場合は、料金の全額もしくは半額を請求されるのが一般的です。キャンセルの連絡を怠れば、次回以降のサービスの利用を断られるかもしれません。契約をする前に、キャンセル料金の有無を確認しておきましょう。

合鍵が使えない

不在時に家事代行サービスを利用する場合、事前に業者に合鍵を預けるのが一般的な流れです。しかし、合鍵が自宅の鍵穴に合わず、担当スタッフが中に入れないためサービスが受けられないケースも起こりえます。

マスターキーをもとにすれば、鍵穴にぴったり合う合鍵を作れますが、合鍵をもとに合鍵を作ると微妙なズレが生じて鍵穴に合わない場合があります。不在時に家事代行サービスを利用するのなら、マスターキーから作った合鍵を預けましょう

家電製品の不調

スタッフが使用した家電製品が故障し、トラブルに発展するケースがあります。しかし、実際には家電製品の不調によるトラブルである場合も少なくありません。原因として、利用者が家電製品が不調なのを忘れている、担当スタッフに事実を伝えていないなどがあげられます。

利用者が担当スタッフに家電製品の不調を伝えていれば、トラブルを避けられたでしょう。家電製品の不調に気付いたら、業者に伝えるのを忘れないように注意しましょう。

家事代行サービスで起こるトラブルを防ぐための対策


トラブルを未然に防ぐためには、次の6つの項目について確認しておきましょう。

  • 契約前にサービス内容や料金プランを確認する
  • 初回見積もりのときに部屋をきれいにしすぎない
  • 依頼内容は細かくメモにまとめておく
  • 貴重品はしっかりと保管する
  • 損害賠償保険の確認
  • 定期利用の前にお試しプランを利用する

契約前にサービス内容や料金プランを確認する

契約前には、サービス内容の範囲や追加料金の発生条件、キャンセル料金の有無などを確認しておきましょう。作業前に打ち合わせが可能なら、掃除場所の優先順位や触れられたくない家具、入って欲しくない部屋などを伝えておくとトラブルを回避できます。

また、依頼する業者の教育や採用制度を確認しておきましょう。スタッフが十分な研修を受けられる業者を選べば、トラブルが発生するリスクを抑えられます。

初回見積もりのときに部屋をきれいにしすぎない

初回の見積もりでプランナーが自宅を訪れる場合、部屋をきれいにしすぎないようにしましょう。プランナーはきれいに掃除された部屋を見て、見積もりを提案します。しかし、当日は汚れた状態に戻っており、時間内に作業が終わらない、追加料金を請求されるなどのトラブルにつながるのです。初回見積もりのときは、見栄を張らず普段通りの部屋を見せましょう。

依頼内容は細かくメモにまとめておく

作業内容に関するトラブルを避けるには、次の3項目をメモにまとめておきましょう

  • サービスの依頼内容
  • 作業の優先順位
  • 特に気をつけてほしいポイント

細かくまとめたメモを渡せば、利用者と担当スタッフの間で優先順位を共有できます。担当スタッフは円滑に作業を進められ、利用者はサービス内容に満足できるでしょう。

貴重品はしっかりと保管する

貴重品は金庫や暗証番号や鍵がないと開けられない場所に保管しておきましょう。高級な家具や置き物など、気軽に持ち運べない物がある場合は、担当スタッフに「家具や置き物の周辺は掃除機をかけなくていい」と具体的な指示を出せば、物損によるトラブルを未然に防げます。

それでも不安が残る場合は、監視カメラを設置しておきましょう。担当スタッフが気付きやすい位置に設置すれば、盗難の抑止力としても効果的です。万が一、貴重品の盗難や紛失、破損などのトラブルが起きても、監視カメラの映像が証拠として使えます。

損害賠償保険の確認

業者を選ぶときは、損害賠償保険の加入の有無を確認しておきましょう。大手の家事代行サービス業者では、損害賠償保険に加入しているケースがほとんどです。ただし、一般的な相場よりも低価格のプランを売りにする業者のなかには、損害賠償保険に加入していないケースがあるため、忘れずに確認しましょう。

定期利用の前にお試しプランを利用する

家事代行サービスの定期利用の前に、お試しプランを利用しましょう。お試しで利用すれば他社との比較が可能になり、業者選びの参考にできます。業者とのトラブルを未然に防ぐためにもお試しプランを利用し、業者のサービスの品質を見極めましょう。

トラブルが発生したときの対処法


家事代行サービスの利用中にトラブルが発生したときは、次の2つの対処法が参考に対応してみましょう。

  • 家事代行サービス会社に連絡
  • クーリング・オフ制度を利用する

家事代行サービス会社に連絡

問題解決に向けて業者に迅速に動いてもらうためには、トラブル発生の事実を伝える必要があります。まずは、サービスを利用した業者に連絡を入れ、トラブルの内容や発生日時などを正確に伝えましょう

業者に連絡すれば、担当スタッフの変更をお願いできます。また、業者に今後のサービスの改善につなげてもらえるかもしれません。一方で、業者が賠償責任を免れるためにトラブルをうやむやにするケースがあるため、監視カメラの映像がある場合は証拠の提出を検討しましょう。

クーリング・オフ制度を利用する

クーリング・オフは、悪質な訪問販売に適用されるサービスとして知られる制度です。場合によっては、制度の利用で業者との契約を白紙にできる可能性があります。まずは、契約書の内容を確認しておきましょう。

もしも、当事者同士での話し合いで解決しない場合は、お住いの近くにある「消費生活センター」に相談しましょう。ちなみに、相談窓口の案内は、独立行政法人の国民生活センターのホームページで確認できます。

出典:http://www.kokusen.go.jp/map/

安心して利用できる家事代行サービス

ここまで家事代行のトラブルに関して見てきました。トラブルが起こらないか不安な方向けに安心して利用できるおすすめの家事代行サービスを3つ紹介します。

一部上場企業が運営!安心できるパソナライフケア

パソナライフケアの家ゴトConciergeは東証一部上場のパソナグループの運営する安心の家事代行サービスです。
最大の特徴は高齢者へのサポートが充実していること。パソナライフケアは介護施設も運営しており、そのノウハウを活かして家事代行でもシニアサポートも行っています。
なかなか家事をこなすのが大変になってきた高齢者の方や、そのご家族の方におすすめの家事代行サービスです

もちろん、家事になかなか手が回らない方にもおすすめ。パソナライフケアの愛を持って何事にも取り組む風土を活かし、お客様を満足させるサービスを常に提供しています。
家事代行ラボで、パソナライフケアさんを取材させていただきましたが、定期契約を終了する方はほとんどいないそうです
パソナライフケアさんの取材記事は2記事あります。下記リンクよりどうぞ。

その質の高さと大手ゆえの安心感で高齢者以外にも安心面という観点からは1番おすすめしたい家事代行サービスです。

公式ページ

キャットハンド

キャットハンドは首都圏を中心とした家事代行サービスです。人材派遣業で20年の実績がある会社が運営しており、そのノウハウで教育された質の高いスタッフが揃っているので安心して利用できます。質が高いだけでなく、回数券プランやトレーニングプランなどお安いプランも多数ご用意。スポットでのお願いもできるので、定期的に契約するほでではない、まずは試してみたいという方でも安心です。高品質なサービスを安価に受けたい方におすすめです

詳細ページ公式ページ

タスカジ

タスカジ
タスカジは、家事代行業者を介することはなく、ハウスキーパーと直接やり取りすることで、1時間あたり1,500円からという業界最安値水準を実現したサービス。
直接のやり取りのおかげで、細かい要望をスムーズに説明でき、依頼内容のミスマッチといったトラブルを回避できます。

スタッフのクオリティはレビューを見て比較することができます。スタッフの採用に当たっては、身分証の確認・面接・独自のテストがあり、会社側でも損害保険の用意やサポートセンターがあるので安心して利用できます。
登録自体は無料なので、まずは公式HPより登録してどんな方に依頼できるか確認してみるのも良いのではないでしょうか

公式ページ

まとめ

家事代行サービスは家事の負担の軽減に役立ちます。ただし、料金や作業内容、破損、盗難などのトラブルが発生するリスクがあると覚えておきましょう。家事代行サービスを気持ちよく利用するためにも、上記で紹介した対策や対処法を参考にして、トラブルを未然に防ぎましょう