フローリングの黒ずみの正体とは?原因と取り除く方法を解説!

2019/04/22 / 2020/05/29

フローリングの黒ずみの正体とは?原因と取り除く方法を解説!

おすすめのハウスクリーニングサービス

<1位> おそうじ本舗
 〜業界No.1店舗数の高品質サービス〜
<2位> おそうじ革命
 〜圧倒的低料金なのに質の高い高コスパなハウスクリーニング〜
<3位> オン
 〜スタッフの対応の良さ、料金の明朗さが好評〜
詳細は【口コミ比較】おすすめハウスクリーニングランキング10選!!をご覧ください。


窓際やキッチン周りなどのフローリングに黒ずみができていることはないでしょうか。

そのままにしておくと取れなくなってしまうこともあるため、黒ずみについて発生する原因と対処法を知っておきましょう。

フローリングの黒ずみの原因になるもの

フローリングの黒ずみの原因には大きく分けて5つの原因があります。

それぞれについて発生する原因を見ていきましょう。

皮脂汚れ

フローリングは素足で歩き回ることが多いため皮脂がつきやすい傾向にあります。

人の足の裏は汗をかきやすく、多くの分泌物が発生するためです。

また皮脂はフローリングとホコリやゴミとの接着剤のような役割となり、ホコリやゴミをフローリングに付着させます

それらが水分や汚れを吸着することで黒ずみとなっていくのです。

油分

特にキッチン周りのフローリングは調理時の油がはねやすく黒ずみができることが多いです。

またその油を踏んだ足やスリッパでリビングや寝室などを歩くことで油ハネを他の部屋のフローリングに持ち込んでしまい黒ずみの原因となってしまうこともあります。

カビ

外気と接する窓の周辺の黒ずみは、カビの可能性があります。

結露は外気温と室内気温に差があるときに室内の水蒸気が凝結することによって起こります。

そして湿度が高い状態が続くことでカビが発生するのです。

また、フローリングの上に敷布団やマットレスを直接敷いて寝ている場所にも、汗によって湿度が高い状態が続き、カビが発生してしまうこともあります。

ワックスの劣化

ワックスが黒ずみの原因となることもあります。

ワックスは塗ってから時間が経過や生活していく過程で劣化したり、ベランダ付近のフローリングなどは日が当たることによって劣化したりします

その結果ワックスが剥がれて黒ずみの原因になります。

放置しておくと黒ずみはより深刻になっていきます。

ジュースなどの液体

フローリングの黒ずみの原因で一番多いのが液体による汚れです。

ジュースなどをこぼしたり、お風呂上がりに濡れた状態でフローリングを歩いたりすると、その水分によってフローリングが傷んだり、木が腐ったりして黒ずんでしまうことがあります

この黒ずみを落とすのは掃除では難しくなるためフロアマットを敷いたりすぐに拭き取ったりするなど注意が必要です。

どうしても落ちない黒ずみになってしまった場合は業者に依頼する必要があります。

フローリングの黒ずみを落とす方法

黒ずみを落とすためには様々な方法がありますが、原因によって対処法が異なります。

対処法と適する黒ずみについて解説します。

雑巾で水拭きする

まずは雑巾で水拭きしてみましょう。

新築の物件では水拭きを抑制されているところもあるかもしれませんが、それは水拭きしたあとフローリングに水分が残ることによって結果的にカビなどが発生することが懸念されています。

しかし実情としては、特に小さなお子さんやペットがいる家庭では汚してしまうことも多くそれを放置しておくことのほうがフローリングに悪影響を与えます。

固く絞った雑巾で水拭きしそのあと乾拭きすることで水分を残さないように気をつければ、水拭きは効果的な方法と言えるでしょう。

アルカリ性洗剤を使う

汚れがひどい箇所についてはアルカリ性洗剤を用いることが効果的です。

フローリング用のものなども市販されているため、それらをスプレーで吹きかけ乾いた雑巾で拭き取れば綺麗に落とすことができます。

しかし小さいお子さんやペットがいる家庭では洗剤を使うことに少し抵抗感があるかもしれません。

そんなときに安心して利用できるかつ汚れに効果的なのが重曹です。

重曹は弱アルカリ性で赤ちゃんやペットにも害がありません。

また、重曹には油を分解してくれる効果があるためキッチン周りなどの油汚れが原因となってできた黒ずみも効果的に落とすことができます。

重曹とは

重曹は化学的には炭酸水素ナトリウムと呼ばれ、食塩水と二酸化炭素から作られます。

人間の体内にもある物質のため安全です。

入浴剤や胃薬などにも使われています。

重曹には以下の3つの特徴があります。

・弱アルカリ性

油汚れや皮脂の汚れ、生ゴミなど酸性の汚れを中和して落とすことができます。また酸性の臭いも中和して消すことができます。

 

・粒子が細かく水難溶性

粒子が細かく水に溶けにくいため、研磨剤のような役割も果たします。

 

・発泡性

重曹を温めることで二酸化炭素が発生します。

これにより汚れや焦げ付きを浮かせて剥がすことで落とすことができます。

重曹水の作り方

バケツに水かぬるま湯を入れます。

重曹が溶けやすいためぬるま湯のほうがおすすめです。

ただし、65度以上のお湯を使うと重曹が分解され強アルカリ性になってしまうため注意が必要です。

そこへ重曹を大さじ3〜4杯入れてかき混ぜます。

これで重曹水の完成です。

重曹水を使った掃除の仕方

黒ずみが気になるところへ重曹水をスプレーで吹きかけ、残らないように水拭きしていきます。

スプレーボトルがない場合は雑巾に重曹水を染み込ませて拭いたあと水拭きをするというのでも構いません。

重曹がフローリングに残ると白っぽくなってしまうため、水を含ませた雑巾で綺麗に拭き取るようにしましょう。

アルコールで拭く

カビによる黒ずみには、アルコールをスプレーし拭き取る方法が効果的です。

カビ取りスプレーも市販されていますが、フローリングに利用すると脱色してしまう可能性があります。

アルコールはそれらに比べて脱色しにくく殺菌作用があるため、カビ取りには効果的です。

それでも脱色が心配な方は一度目立たないとこにアルコールを吹きかけ試してみましょう。

またアルコールには揮発性があり、水分が残ってカビが発生することもありません。

ワックスを一度剥がしかけ直す

ワックスの劣化が黒ずみの原因の場合や、ワックスの下までカビが浸透してしまっている場合は、黒ずみを落とすためには一度ワックスを剥がす必要があります。

次の手順に従って行いましょう。

掃除機やモップでホコリやゴミを取り除く

ホコリやゴミが付いた状態でワックスを剥がし、それに気づかないまま新しいワックスをかけてしまうと、ワックスと床の間にホコリやゴミが入り込み結果として汚れの原因になります。

まずは綺麗になるまで掃除機やモップで取り除くことが大切です。

雑巾にワックス剥離剤を含ませ、床全体に塗布する

ワックス剥離剤を直接フローリングにかけると、フローリングの脱色などの恐れがあるため、雑巾に含ませて床全体へ塗布するようにしましょう

また剥ぎ残しがあると黒ずみの原因になるため漏れなく全体に塗布することが重要です。

汚れが気になるところを落とす

スポンジなどを使ってこすると効果的です。

たわしなどを使うとフローリングを傷つけてしまうため、柔らかい布やスポンジで丁寧にこすりましょう。

綺麗な雑巾で水拭きする

汚れやワックス剥離剤が残らないよう丁寧に何度も水拭きしましょう

その後床が乾くまで待ちます。

水分がある状態でワックスをかけると塗りムラがでるほかカビが発生する原因にもなるため、十分な時間乾燥させましょう。

新しいワックスを塗り直す

直接フローリングにワックスをかけると塗りムラが出てしまうため、モップやワイパーにつけた状態でフローリングに薄くのばしましょう

その後乾くのを待って完了です。

黒ずみが気になる時の掃除の流れ

黒ずみが特に気になるところについての除去方法について流れを解説していきます。

ドライワイパーやモップでゴミやホコリを取り除く

目に見えるゴミやホコリをワイパーやモップを用いて取り除きます

ゴミやほこりが残った状態で水拭きや洗剤を使っても、汚れが綺麗に落ちないことがあるため、綺麗に取り除いておくことが大切です。

掃除機を丁寧にかける

フローリングの継ぎ目などワイパーやモップで取り除けなかったところに関しては掃除機で取り除きましょう。

雑巾や洗剤で気になる部分を掃除

黒ずみや汚れがあるところを雑巾で水拭きしていきます。

特に汚れが目立つところに関しては上で説明したとおり重曹やアルカリ性洗剤を用いて拭き取っていきましょう。

特に気になるところについては歯ブラシや爪楊枝を使う

雑巾で拭き取るのが難しいフローリングの継ぎ目や壁と床の間には歯ブラシや爪楊枝を使う黒ずみを落とすことができます

歯ブラシを使う際には薄めた中性洗剤を含ませてこすることで黒ずみが落ちやすくなります。

必要に応じてワックスをかける

ワックスが剥がれかかっているところがある場合や、ワックス剥離剤を使った場合は新しいワックスをかけていきましょう。

その際、直接フローリングにかけると塗りムラが出るため、モップやワイパーにつけてフローリングに薄くのばしていきます

フローリングの黒ずみを防止する方法

フローリングの黒ずみを防止するための方法について解説していきます。

掃除機を荒くかけない

まずはワイパーやモップによってホコリやゴミを取り除くことが大切ですが、フローリングの継ぎ目などの細かい溝に溜まったホコリは十分に取り除けない場合があります。

ホコリやゴミは汚れや黒ずみの原因となるため、それを取り除くために掃除機を丁寧にかけることが重要です。

マイクロファイバーを使わない

マイクロファイバーとは極細(8マイクロメートル以下)のナイロンやポリエステルなどの繊維のことで軽く吸湿性があります。

一見掃除には有効な素材に見えますが、フローリングの掃除には注意が必要です。

マイクロファイバーは耐久性が低く、繊維が落ちてしまいます。

 

それがほこりとなり、そのホコリが水分を吸収して汚れや黒ずみの原因になります。

そのためフローリングの掃除には柔らかい布の雑巾やスポンジでの水拭きが有効です。

化学雑巾を床に長く置かない

汚れを落とすための薬剤を染み込ませてある化学雑巾というものが市販されていますが、こちらをフローリングで使用する際は注意が必要です。

薬剤の成分によってフローリングが白く変色したり、脱色してしまったりする恐れがあります。

そのため汚れを落としたらすぐにゴミ箱や袋に入れて処分するようにしましょう。

特に水拭きなどによって濡れている箇所に化学雑巾をあてると、ひどく変色する恐れがあるため注意が必要です。

水拭きは晴れた天気の良い日にやる

フローリングを水拭きすると、水分が残ることによって結果的にカビが発生してしまうことがあります。

それを防止するためにも早く乾燥できる晴れた日に水拭きを行いましょう

また晴れた日でも、乾燥するまでの間にフローリングに水分が残っているのはよくありません。

水拭きをしたあとは乾いた雑巾で残っている水分を拭き取るようにしましょう。

窓を二重サッシにする

結露ができてカビが発生することによってできる黒ずみを防止するのに有効な方法です。

窓の内側にもう1つ窓を追加して二重サッシとすることで結露を予防する方法で、北国など冬場の外気温が氷点下になるようなところでは防寒の観点と結露防止の観点から標準的になっています。

二重サッシとすることで内窓と外窓との間の空気層が断熱の役割を果たし、室内の気密性が高まることによって結露を防止します

こうすることでカビの発生が抑制され、窓付近のフローリングの黒ずみを防ぐことができるのです。

フロアマットやラグを敷く

物理的な方法としてフロアマットやラグを敷くということが有効です。

小さなお子さんやペットがいる場合の汚れ防止にはもちろんですが、普段生活してる中で、裸足で歩くことによって床に皮脂が付着するのを防ぐこともできます

またキッチン周りに敷いておくことで油ハネなどによってできる黒ずみも防止できるため有効です。

一方で敷いた下のフローリングには湿気がたまってしまい、カビが発生してしまうこともあるため時折干して乾燥させたり、洗濯したりして清潔に保つ必要があります。

まとめ

今回はフローリングの黒ずみについて発生する原因や取り除くための方法を解説しました。

フローリングの黒ずみは皮脂の汚れやワックスの劣化など日々の生活の中で徐々に汚れが蓄積してできるものと、油はねやカビ、ジュースなどの液体など衛生面の管理不足で起こるものがあります。

黒ずみを落とすには水拭きや中性、弱アルカリ性洗剤で拭き取る方法があり、それでも落ちないときは一度ワックスを剥がして汚れを落としワックスを塗り直すという方法が有効です。

フローリングに黒ずみを作らないためには普段からの心がけが重要です。

こまめに丁寧に掃除機をかけたりフロアマットやラグを敷いて液体や皮脂から守るなどできることから始めましょう。

おすすめの家事代行サービス

ベアーズ

ベアーズ
ベアーズはスポット利用が可能な家事代行サービスです。

上記の画像の通り、様々な家事代行サービスに対応しているのが特徴です。

基本情報

基本料金 3564円~/1時間 *サービスは2時間~
交通費 900円
損害補償 あり
対応エリア 北海道、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、福岡県

費用例

週1回(2時間)月4回 利用の場合
1カ月「37296円」

内訳
{8424円(2時間)+900円(交通費)}×4(月4回)=「37296円」

公式ページ

詳細ページ

カジタク

カジタク
ハウスクリーニング70万件の実績/安心のイオングループ【カジタク】

基本情報

基本料金 3150円〜/1時間
交通費 店舗の最寄り駅より徒歩15分以上の場合は交通費を実費。
損害補償 あり
対応エリア 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、宮城県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、山口県、福岡県、熊本県

公式ページ

詳細ページ

キャットハンド


キャットハンドは首都圏を中心とした家事代行サービスになります。スポット利用することも可能です。

基本情報

基本料金 3110円~/1時間 *サービスは2時間~
交通費 900円
損害補償 あり
対応エリア 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

費用例

週1回(2時間)月4回 利用の場合
1カ月「28480円」

内訳
{6200円(2時間)+900円(交通費)}×4(月4回)=「28480円」

公式ページ

詳細ページ

おすすめのハウスクリーニングサービス

おすすめのハウスクリーニングサービスを紹介します。

自分にあったハウスクリーニングサービスがわからず迷ってしまう方はぜひ参考にしてください!

ゴミ屋敷バスター七福神

ゴミ屋敷バスター七福神
ゴミ屋敷バスター七福神は、上記のようにどんな汚い家でも片付けをしてくれるサービスです。

深夜でも対応なので忙しくて日中忙しい方も是非一度ご利用して見てください!

基本情報

基本料金 30,000円(1R/1K)~
交通費 コース料金に含む
損害補償 あり
対応エリア (関東エリア)東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城

(関西エリア)大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山

(東海エリア) 愛知、岐阜、静岡、三重

公式ページ

おそうじ本舗

osoujihonpo
おそうじ本舗は、全国1,200店舗を展開するハウスクリーニング業界シェアNo.1で、サービスが充実しているのが魅力です。

基本情報

基本料金 32,000円(1K/1DK)~
交通費 基本なし(遠方の場合や駐車場がない場合などにかかる時もあり)
損害補償 あり
対応エリア 全国47都道府県に対応

公式ページ