その他家事コラム

カーペットを自宅で掃除する!さまざまな手段を紹介

おすすめのハウスクリーニングサービス

<1位> おそうじ本舗
 〜業界No.1店舗数の高品質サービス〜
<2位> おそうじ革命
 〜最安値クラスなのに質も高い高コスパサービス〜
<3位> オン
 〜スタッフの対応の良さ、料金の明朗さが好評〜

詳細は【口コミ比較】おすすめハウスクリーニングランキング8選!!をご覧ください。

カーペットは毛足が長く湿気が溜まりやすいので、一見きれいに見えてもダニが繁殖していたり、食べかすやホコリなどが溜まりがちです。
この記事ではそんな掃除が難しいカーペットを自分で掃除するための方法や役立つアイテムなどをご紹介します。

カーペットの掃除手段

カーペットの掃除といえば、代表的な手段として掃除機が挙げられますが、小さなお子さまやペットがいる場合は、音が大きい掃除機は使用できません。掃除機以外には雑巾、コロコロなどがありますが、それらを使って掃除するにはどのように使用すれば良いのでしょうか。それぞれのメリット、おすすめの使用方法について、分かりやすく説明します。

掃除機

もっとも一般的な掃除手段は、やはり掃除機です。誰もが使ったことのある掃除道具ですが、ただゴシゴシとかけるだけではカーペットに潜むダニ、ホコリなどの汚れは取れません。おすすめのかけ方は、まっすぐ前を向いてそのままの姿勢で掃除機をもち、手前から前へ向かってゆっくりと往復させることです。その際、先端のノズルがカーペットから浮いてしまっていては吸い込み口からの吸引力が減少しますので、注意しましょう。

また、掃除機には、製品によって仕様は異なりますが、通常のT字ノズルのほか細口ノズル、ブラシノズルなどの各種ノズルが付属されています。これらのノズルは、それぞれフローリングや畳、インテリアなどの汚れ、ゴミの種類、用途ごとに活用するものですが、もちろんカーペット掃除にも活用できます。カーペットの毛の奥に入り込んだゴミ、ホコリ、ダニほか、ペットの毛には付属ノズルのブラシノズルがおすすめです。

水拭き

カーペットの汚れを水拭きで落とす場合、心配になるのが湿気ではないでしょうか。床に敷き詰めたカーペットや一人ではベランダに干すことのできない大きめサイズのカーペットの場合、水拭きした後どうやって乾燥させれば良いのか、悩んでしまう方も少なくありません。

しかし、水拭きといっても固く絞った雑巾で拭きますので、自然乾燥のままでまったく問題はありません。力が弱く雑巾を固く絞ることができない場合は、乾いた雑巾と2枚合わせて絞りましょう。乾いた雑巾が残った水を吸い込み、ちょうどいい雑巾が2枚できます。汚れがひどい、臭いが気になるときは、バケツの水に中性洗剤もしくは漂白剤を少量混ぜ拭き掃除をすることをおすすめします。

理想的な掃除回数は、月に一度。雑巾でカーペットを撫でるように拭くのではなく、上からトントンと軽く押すように拭いていきましょう

コロコロ粘着クリーナー

カーペットの掃除にコロコロは、今や最適な掃除グッズと言っても過言ではありません。カーペットの上をコロコロと動かすだけでゴミ、ホコリが取れる優れものですが、実はダニ予防にもなることをご存知でしょうか。

コロコロはカーペットの上を転がすだけで、カーペットに付着したホコリを吸着してくれますが、ダニがエサとする食べ物のカス、ゴミを吸着させることによって、カーペットに潜むダニの活動を抑制することができます。転がす時は1方向だけでなく、さまざまな方向から転がし、毛の中に潜むゴミ、ホコリをキャッチさせましょう

ちなみに、コロコロの粘着ペーパーにはフローリング用、カーペット用、ペット用などがそろっており、用途に応じて使い分けることができます。

業者に頼んでしまう

料金がリーズナブルな価格になったこと、働く主婦が増えたことなどから利用者が増加し、その需要に合わせ掃除業者も増加の傾向にあります。業者に依頼するメリットは頑固なシミや汚れが落とせること、素材に合った掃除の仕方をしてくれること、取り外せないカーペットが掃除できること、ダニを徹底的に退治できることなどが挙げられます。

依頼する前にしておくべきことは、複数の業者を探して見積もりをもらっておくことです。最初から1社に決めてしまうのは、危険です。必ず複数の業者に見積もりを依頼し、作業内容、料金、対応を確認しましょう。納得できる作業、納得できる料金、納得できる対応をすべて確認した後、正式に依頼することをおすすめします。

意外な物でも掃除できる

カーペット掃除は時間と労力がかかるものと思い込んでいませんか?実は、自宅にある意外な物を使って、手軽に掃除できます。ここでは、ゴム手袋、重曹、オキシクリーン、セスキ炭酸ソーダを使った掃除方法を紹介します。わざわざ買うことはありません。自宅にある物を使って、掃除しましょう。ぜひ、毎日のカーペット掃除にお役立てください。

ゴム手袋

わたし達人間は、1日に100本もの髪の毛が自然に抜け落ちると言われています。3人家族であれば300本、4人家族であれば400本もの髪の毛が家の中に落ちていると思っても間違いありません。

掃除機は毎日かけるのがベストですが、仕事や家事、育児に追われ、掃除機を出すのが面倒、掃除機をかける時間が惜しいなど、さまざまな場合があります。

そんな時は、両手にゴム手袋をつけ、カーペットの上をなでてみましょう。ゴム手袋には滑り止め機能が付いているものと付いていないものがありますが、どちらのゴム手袋でも問題ありません。ただし、毛足の長いカーペットの場合には滑り止め機能の付いたゴム手袋がおすすめです。

ちなみに、手を動かす方向は繊維にそって、が基本です。繊維が片側に傾き、繊維に入り込んだ髪の毛やゴミが取れない場合は、一度繊維にそってなで、次は繊維の逆方向から、最後にもう一度、繊維にそってなでましょう。

重曹

家庭の万能掃除道具と言われる重曹は、カーペット掃除にもおすすめの掃除道具です。重曹は炭酸水素ナトリウム、重炭酸ソーダと呼ばれるもので、非常に安全性が高く、小さなお子さま、ペットがいても、安心して使用できるというメリットがあります。

ただし、重曹が使用できない素材がありますので、使用前にはカーペットのタグを確認し、素材をチェックしておきましょう。

ちなみに、重曹がおすすめの素材はループ状の毛足の短いタフテッドカーペットです。一方、麻、ウールといった天然素材のカーペットにもおすすめできません。

では、重曹を使用した掃除方法ですが、まず、カーペット全体に重曹を振りかけます。数時間放置したら、掃除機をかけるだけです。カーペットの毛足に入り込んだ髪の毛、ペットの毛、ゴミなどが気になる時は、掃除機をかける前に、使い古した歯ブラシなどで毛足に入り込んだゴミ、髪の毛などをかき出しておきましょう。

オキシクリーン

カーペットに付着した頑固なシミは、オキシクリーンで落としましょう。オキシクリーンとは分かりやすくいえば、酸素系漂白剤です。

一般的な洗濯用酵素系漂白剤と違い、自然界にある炭酸ソーダ、過酸化水素水を化合した過炭酸ナトリウムですので、環境にも優しいというメリットがあります。

ただし、シルク、皮でつくられたカーペット、ウール、麻などの自然素材でつくられたカーペットには、シミ、変色の原因になることもありますので、おすすめできません

使用前に、カーペットの素材が記載されたタグを確認し、問題ないことを確かめた上でオキシクリーンを使うことをおすすめします。

セスキ炭酸ソーダ

カーペットに付着した黒いシミがなかなか取れず、困ったことはありませんか?

実は、その汚れは、わたし達人間の手足から出る皮脂や汗によるたんぱく質汚れです。皮脂はそのまま放置すれば、徐々に黒くなり、カビになることもありますので、早めの掃除がおすすめです。

セスキ炭酸ソーダを使って、買った時のような白さを取り戻しましょう。また、ペットの粗相にもおすすめですので、ぜひ、試してみてください。

お風呂の湯船に入るぐらいのカーペットであれば、お風呂で丸洗いも可能ですが、ここでは、丸洗いできないカーペットに浸みこんだシミの落とし方について、説明します。用意するものはセスキ炭酸ソーダ、スプレー容器、水、乾いた雑巾2枚です。

スプレー容器に水500ccを入れ、小さじ1杯のセスキ炭酸ソーダを入れて容器を上下に振って混ぜ合わせます。シミのある部分にそのスプレー水を吹きかけたら、雑巾に汚れを移すようにトントンと押さえます。雑巾に汚れが移ったことを確認したら、もう1枚の雑巾を水洗いし、固く絞ります。スプレーした場所をもう一度拭いて、あとは自然乾燥させれば掃除は完了です。

普段カーペットを掃除する時のポイント

毎日何気なく行っているカーペット掃除ですが、ほとんどの方が掃除を意識せず、無意識のまま掃除機をもち、あるいは粘着クリーナーや拭き掃除を行っているのではないでしょうか。

掃除機のかけ方、粘着クリーナーの使い方、拭き方について、それぞれの掃除方法、掃除のポイントを分かりやすく説明しています。掃除のポイントを知って、効率よく掃除を行いましょう。

掃除機のかけ方

カーペットは掃除機のかけ方次第で、毛足の奥に入り込んだゴミ、ホコリ、ダニまで逃さず、吸引できます。かけるポイントは、T字ノズルの使い方とスピードです。まず、掃除機をかける前に、毛、繊維の流れを確認しましょう。最初にかける方向はその流れの逆方向からです。毛、繊維の流れ、向きにそってかけると、毛、繊維の奥に入り込んだゴミ、ホコリを吸引できません。必ず、最初に反対側からかけるようにしてください

続いて、毛の流れにそって丁寧にかけていきます。その後は、体の向きを変えて、垂直になる方向からかけ、最後は、その反対方向からかけます。これで、東西南北全方向から、掃除機をかけたことになります。

かけるスピードですが、ゆっくりじっくり吸引力を上げるのがポイントです。つい急ぐあまりゴシゴシとかけてしまう場合がありますが、この方法ではカーペットの上に落ちているゴミ、ホコリを舞い上げるだけになるためおすすめしません。

掃除機のもち方についてですが、真っすぐ前を見て、楽な姿勢で掃除機をもちましょう。腰を曲げたかけ方は腰への負担が大きく、丁寧なかけ方ができません。ちなみに、かける時間は1畳あたり、3~4分。ゴミ、ホコリを吸引させるように、ゆっくりとかけることをおすすめします。

粘着クリーナーの使い方

粘着クリーナーはコロコロと転がすだけの手軽な掃除手段ですが、ただ一方向にだけ動かす掃除方法は粘着シートを無駄に使うだけになり、経済的ではありません。カーペットの上に落ちたゴミ、ホコリ、髪の毛をなるべくきれいに取り去りたい時は、狭い範囲から広い範囲へと広げていきましょう

粘着クリーナーには粘着性の強いものから弱いものまで、使う用途に応じて粘着性に違いがあります。カーペットに使用する場合は、粘着性の強いものを選ぶことをおすすめします。

拭き方

カーペットを水拭きする際のポイントについてですが、水のみで拭く場合も中性洗剤などを薄めたものを使う場合も、絶対にやってはいけないことがあります。それはカーペットを水浸しにしないことです。もし間違って水浸しにしてしまった場合は、お風呂に湯を入れ足を使った踏み洗いを行いましょう。

では、カーペットに付着したシミ、汚れを水拭きする場合ですが、まず、その汚れのみを落とすことに集中しましょう。例えば薄めた中性洗剤を使う場合ですが、スプレー容器に入れた液体を汚れに吹きかけ、数分置いて汚れを浮き上がってくるのを待ちます。使い古しの歯ブラシを使い、毛足の根元に浸みこんだ汚れや頑固なシミを落としていきましょう。

シミが浮き上がってきたら、乾いた雑巾にその汚れを移し取るように水気を吸い取らせます。後は自然乾燥させればOKです。

確実にきれいにしてもらうなら業者に頼むのが一番

長年使用しているカーペットには、ゴミ、ホコリ、髪の毛が毛足の中に絡み、目に見えないダニがうようよしていると言っても過言ではありません。赤ちゃんがハイハイしたり、素足で触る機会の多いカーペットは、いつでもきれいにしておきたいものです。気になる汚れ、シミがある時は、また、自宅で洗濯できない場合は、専門業者に頼みましょう。厳選した4社を紹介します。

クリコム

カーペット掃除におすすめなクリコム
クリコムは、「全国24時間、集荷対応」がコンセプトです。コンビニエンスストアを利用することで、24時間対応を可能にしています。午後2時までにネットから依頼すれば、その日の集荷が可能。また、最新の京都式しみ抜き機の導入することで、あらゆるシミにも対応しています。ご自宅、宅配ボックスへのお届けもOK。リピート率72%を誇る宅配クリーニングです。

公式ページ

ペルシャンギャラリー

ペルシャンギャラリーはペルシャ絨毯、手織り絨毯、カーペットなどのクリーニング、メンテナンスを専門的に行う専門サイトです。こちらでは、絨毯のクリーニングはもちろん、日焼け、虫食い、染み抜きなど、さまざまなメンテナンスを行い、元通りに近い状態へと修復してくれる専門店です。

DEA

DEAは、絨毯、カーペット、衣類、ぬいぐるみ、靴、着物、レザー、カーテンなど、あらゆるものに対応している宅配クリーニングです。電話、またはホームページから依頼すれば、お客さまは自宅で待つだけです。

赤ちゃんがハイハイしても安心な天然せっけんで丸洗いするので、残留洗剤も残りません。合成洗剤を使わないクリーニングをご希望の方におすすめです。

白洋舎

業界最大手の老舗クリーニング会社・白洋舎は、ドライクリーニングを日本で初めて実施した会社としても有名です。衣類のクリーニングというイメージがありますが、バッグや靴、絨毯やカーテンなどのハウスクリーニングにも進出しています。

北海道から福岡県まで日本全国各地に店舗を設置していますが、近くに店舗がない、大型のものを依頼したい、病気やケガなどで出向けない時などに対応する集配クリーニングサービスも実施しています。

まとめ

掃除手段、意外な物を使った掃除方法、ポイント、専門業者に依頼する際に活用してほしいおすすめの業者について、分かりやすく説明しました。

カーペットの掃除は面倒だと言う方も少なくありませんが、ポイントさえ押さえておけば毎日の掃除も苦になりません。ひと手間かけた掃除で、また、自宅にある物を使った掃除方法で、いつでもきれいなカーペットにしておきましょう。

おすすめの家事代行サービス

専門業者以外にも家事代行サービスはおすすめです。

キャットハンド


キャットハンドは首都圏を中心とした家事代行サービスになります。スポット利用することも可能です。

基本情報

基本料金:3110円~/1時間 *サービスは2時間~
交通費:900円
損害補償:あり
対応エリア:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県

費用例

週1回(2時間)月4回 利用の場合、1カ月「28480円」
内訳:{6200円(2時間)+900円(交通費)}×4(月4回)=「28480円」

公式ページ

詳細ページ

ベアーズ


ベアーズはスポット利用が可能な家事代行サービスです。上記の画像の通り、様々な家事代行サービスに対応しているのが特徴です。

基本情報

基本料金:3564円~/1時間 *サービスは2時間~
交通費:900円
損害補償:あり
対応エリア:北海道、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、福岡県

費用例

週1回(2時間)月4回 利用の場合、1カ月「37296円」
内訳:{8424円(2時間)+900円(交通費)}×4(月4回)=「37296円」

公式ページ

詳細ページ

カジタク


ハウスクリーニング70万件の実績/安心のイオングループ【カジタク】

基本情報

基本料金:3150円〜/1時間
交通費:店舗の最寄り駅より徒歩15分以上の場合は交通費を実費。
損害補償:あり
対応エリア:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、宮城県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、山口県、福岡県、熊本県

公式ページ

詳細ページ

おすすめのハウスクリーニングサービス

おすすめのハウスクリーニングサービスを紹介します。
自分にあったハウスクリーニングサービスがわからず迷ってしまう方はぜひ参考にしてください!

ゴミ屋敷バスター七福神


ゴミ屋敷バスター七福神は、上記のようにどんな汚い家でも片付けをしてくれるサービスです。深夜でも対応なので忙しくて日中忙しい方も是非一度ご利用して見てください!

基本情報

基本料金:30,000円(1R/1K)~
交通費:コース料金に含む
損害補償:あり
対応エリア:(関東エリア)東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城 (関西エリア)大阪、兵庫、京都、奈良、滋賀、和歌山 (東海エリア) 愛知、岐阜、静岡、三重

公式ページ

おそうじ本舗


おそうじ本舗は、全国1,200店舗を展開するハウスクリーニング業界シェアNo.1で、サービスが充実しているのが魅力です。

基本情報

基本料金:32,000円(1K/1DK)~
交通費:基本なし(遠方の場合や駐車場がない場合などにかかる時もあり)
損害補償:あり
対応エリア:全国47都道府県に対応

公式ページ