お風呂掃除

お風呂の正しい掃除方法とは?必要な道具や手順を解説

おすすめのハウスクリーニングサービス

<1位> おそうじ本舗
 〜業界No.1店舗数の高品質サービス〜
<2位> おそうじ革命
 〜最安値クラスなのに質も高い高コスパサービス〜
<3位> オン
 〜スタッフの対応の良さ、料金の明朗さが好評〜

詳細は【口コミ比較】おすすめハウスクリーニングランキング8選!!をご覧ください。

お家で最も水を使用するお風呂は、ヌメリやカビが発生しやすい場所です。掃除する箇所も多く、それぞれ掃除方法や効果的な洗剤も異なります。

今回はお風呂の正しい掃除方法を部位別に紹介していきます。合わせて必要な道具や手順も解説していきますので、参考にしてみてください。

お風呂掃除の頻度は?

お風呂掃除の頻度は毎日が理想です。特に浴槽は皮脂汚れが残りやすいので、毎日掃除をしないと、次の日に不快感が残ります。また床もヌメリが出やすいため、こまめにブラシがけをしたいところです。

ただし換気扇や天井など、時間がかかる箇所については1ヶ月に1回、または汚れが気になった時で良いでしょう。

やはり水を使うと汚れが発生しやすくなるので、定期的な掃除が必要です。

お風呂の汚れは4種類に分類される

お風呂の汚れと言えばヌメリやカビですが、大きく分けると4つに分類されます。

  • 赤カビ
  • 黒カビ
  • 水垢(石鹸カス)
  • 皮脂汚れ

それぞれの特徴を順に解説していきます。

赤カビ

お風呂のヌルヌルとしたヌメリは、赤カビが原因です。赤カビはロドトルラと言う酵母菌で、水垢やシャンプーボトルの液だれから発生します。

水分だけで繁殖するので、洗面所やキッチンなど、水回り関係で発生しやすいカビです。サッと掃除をすれば簡単に洗い流せますが、繁殖力が強いため、いつの間にか復活しているのが厄介なところです。

また赤カビを放置すると、頑固で落ちにくい黒カビが発生します。そのため、赤カビが発生したら、すぐに掃除をしないといけません。

黒カビ

入浴時に出る皮脂や垢、髪の毛を餌としているのが黒カビです。赤カビを放置すると黒カビが発生し、タイルの隙間や壁と浴槽の継ぎ目にしつこくこびりつきます。

黒カビはアレルギーの原因になる有害な物質です。人体に悪影響を及ぼす可能性があるので、子供やお年寄りのいる家庭は注意が必要。

そのため赤カビが発生した時点で、こまめに掃除をしましょう。

水垢(石鹸カス)

水垢は、水道水に含まれるはカルシウム・ナトリウム・カリウム・マグネシウムなどのミネラルが結晶になったもので、水を使えば必ず発生します。またお風呂では、石鹸やシャンプーを使用した時に、水の中に石鹸が混ざり、石鹸カスも発生しやすいです。

シャワーを浴びたり、お風呂につかったりすると水が飛び散って、水垢や石鹸カスは浴槽全体に発生します。

水垢や石鹸カスは、すぐにシャワーで洗い流せば落ちますが、放置するとこびり付いて落ちにくいです。気付いたらこまめに掃除をしましょう。

皮脂汚れ

湯船に入った時に体から取れたものが皮脂汚れです。浴槽のフチに付きやすいので、毎日掃除をしている人も多いかと思います。最後にお風呂から出る人が、掃除をすると効果的です。

洗うのが面倒な場合は、シャワーでサッと流すだけでも効果がありますので、実践してみてください。

お風呂掃除に必要な道具は?

お風呂掃除に必要な道具や洗剤は以下の通りです。

  • 酸性洗剤
  • クエン酸
  • 重曹
  • スポンジ
  • ブラシ
  • 歯ブラシ
  • ゴム手袋

順番に用途を解説していきます。

酸性洗剤

酸性洗剤は、水垢などのアルカリ性の汚れに効果的です。水垢はお風呂全体に発生しますので、毎日のお風呂掃除に活躍してくれると思います。

クエン酸

クエン酸は植物由来で、肌が弱い人や小さな子供がいる家庭でも安心して使用できます。クエン酸は水に溶かして霧吹きなどで、気になる部分に吹きかけましょう。少し時間が経てば、水垢などの汚れが落ちやすくなりますよ。

重曹

料理などでも使われる重曹は、掃除でも大活躍します。細かい結晶が研磨剤の役割をして、汚れを落とします。気になる汚れに重曹を振りかけてスポンジで擦れば、しつこい汚れもサッと落とせるでしょう。

スポンジ

浴槽や鏡は傷がつきやすいので、柔らかいスポンジで掃除をしましょう。お風呂用の洗剤を付けて、毎日掃除をしておけば、黒カビの発生を防ぐことができます。

ブラシ

床掃除にはブラシがおすすめです。ゴシゴシと汚れを落としてくれ、タイルのスキマも綺麗になります。

歯ブラシ

ブラシが入らない箇所では、歯ブラシが活躍してくれます。使わなくなった歯ブラシをストックしておけば、お風呂掃除の時に役立つでしょう。

ゴム手袋

お風呂用の洗剤は、肌荒れの原因にもなります。掃除をする時は、ゴム手袋を着用して肌トラブルを防いでください。

お風呂の掃除方法を部位別で解説

今回解説する場所は以下の通りです。

  • 浴槽
  • 排水溝
  • 風呂桶・椅子
  • 天井
  • 換気扇
  • エプロン

順番に掃除方法を紹介していきます。

浴槽の掃除方法

  1. 50度以上のシャワーで洗い流す
  2. 中性洗剤でこする
  3. 50度以上のシャワーで洗い流す

浴槽は皮脂汚れや水垢、赤カビが発生します。基本的には中性洗剤で落ちますが、赤カビや黒カビが発生している場合は、50度以上のシャワーが効果的。カビ菌は50度以上で死滅をします。

また黒カビがある場合は、カビキラーなどのカビ専用洗剤を使用しましょう。

排水溝の掃除方法

  1. 排水溝のゴミを取り除く
  2. 重曹とクエン酸をかける
  3. 30分放置
  4. 50度以上のシャワーで洗い流す

排水溝は髪の毛や石鹸、ゴミが溜まり、雑菌やカビが発生しやすい箇所です。重曹は100g、クエン酸水は50gほど使用してください。

床の掃除方法

  1. シャワーで床を濡らす
  2. 中性洗剤をかけてブラシで磨く
  3. お湯で洗い流す

床は赤カビや黒カビが発生しやすい箇所です。もし黒カビが発生している場合は、カビキラーなどのカビ専用洗剤を使用してください。

鏡の掃除方法

  1. 雑巾に酢またはクエン酸をなじませる
  2. 雑巾で鏡を拭く
  3. お湯で洗い流す

鏡には水垢や石鹸カスが発生します。水垢はアルカリ性なので酸性のクエン酸が効果的です。

風呂桶や椅子の掃除方法

  1. 50度以上のシャワーで洗い流す
  2. 中性洗剤やカビキラーを吹き付ける
  3. ブラシなどで擦る
  4. 50度以上のシャワーで洗い流す

風呂桶や椅子は、掃除する頻度が低いため、黒カビが発生していることが多いです。特に椅子の裏は、ビッシリと汚れが溜まっています。カビキラーなどを吹き付けて、小さめのブラシで磨いてください。

天井の掃除方法

  1. 50度以上のシャワーで洗い流す
  2. クエン酸水をスプレーする
  3. 30分放置
  4. ブラシで擦る
  5. 50度以上のシャワーで洗い流す

天井は手が届きにくいため、長いブラシがあると便利です。また汚れがひどい場合は、クエン酸水をスプレーした後に、テッシュなどを貼り付けて一晩置くと汚れが落ちやすくなります。

換気扇の掃除方法

換気扇にはさまざまな種類があり、掃除方法が異なります。

一般換気扇

  1. プロペラを外す
  2. プロペラを中性洗剤で薄めたお湯につけ置きする
  3. つけ置きしている間に換気扇の内側や外側をクエン酸や重曹で掃除する

一般換気扇は素人でも簡単に取り外しできます。手間はかかりますが、手順はシンプルなので、大掃除の時にまとめて掃除をしましょう。

シロッコファン

  1. フィルターとカバーを外す
  2. 中心のネジを外す
  3. シロッコファンを外す
  4. シロッコファンを中性洗剤で薄めたお湯につけ置きする
  5. 細かい部分は歯ブラシなどで掃除をする
  6. しつこい汚れはスクレーパーなどで削ぎ落とす
  7. つけ置きしている間に換気扇の内側や外側をクエン酸や重曹で掃除する

シロッコファンは、一般換気扇よりも頑丈に設置されています。また掃除していない期間が長いと、ネジが回らなくて取り外しができないことも多いです。

またアルミ製のシロッコファンはアルカリ性と酸性に耐性がありません。掃除をすると逆にサビやすくなるため、難しい場合は業者に頼むのひとつの手です。

乾燥機付き

  1. ひとつひとつパーツを取り外す
  2. それぞれのパーツを中性洗剤で薄めたお湯につけ置きする
  3. つけ置きしている間に換気扇の内側や外側をクエン酸や重曹で掃除する

乾燥機付きの換気扇は、内部が複雑で取り外しが難しい場合があります。
また掃除した後も間違えずにパーツを組んでいく必要があるため、組み立てに自信がある人にしかおすすめできません。

不安な人は業者に依頼するのがベターです。

エプロンの掃除方法

  1. エプロンを取り外す
  2. 50度以上のシャワーで洗い流す
  3. 中性洗剤またはカビキラーを吹きかけてブラシで擦る
  4. 50度以上のシャワーで洗い流す
  5. エプロンを取り付ける

エプロンとは浴槽のカバーのことで、あまり知られていませんが取り外すことができます。スキマからお湯が入ることもあり、取り外すと黒カビがビッシリこびり付いていることが多いです。

取り外して掃除をするのは重労働なので、他の箇所と一緒に業者依頼しましょう。

お風呂掃除は業者に依頼しよう!おすすめのクリーニング業者も紹介

こまめなお風呂掃除は大切ですが、換気扇やエプロン掃除は手間がかかりますよね。特に換気扇は故障の恐れがあるので、業者に依頼したいところ。

また業者に依頼をするなら、エプロンやお風呂全体を掃除してもらえば、効率よく掃除が終わります。

そこで、お風呂掃除が専門のおすすめ業者をまとめてみました。

おそうじ本舗

料金:16,500円(税込)〜

時間:2時間〜

おそうじ本舗は、全国に1,400店舗以上を展開する業界最大手のハウスクリーニング業者です。近くの店舗が見つけやすく、依頼した翌日から3日以内にサービス提供してもらえる「特急料金」もあり、忙しい人でも利用しやすいのが嬉しいポイント。

お風呂掃除に関しては、専門のスタッフを派遣。換気扇やエプロンなど隅々まできれいにしてもらえます。またオプションを付ければ、高圧洗浄や防カビコートもしてもらえるので、その後の掃除の手間を省きたい人におすすめです。

公式ページ

おそうじ革命

料金:15,400円(税込)〜

時間:2.5~3.5時間

おそうじ革命は、ハウスクリーニング業界で最安値を突き進んでいる人気業者です。低価格で高品質な仕上げが評判で、リピート率は80%以上を誇ります。

安さの秘密は「バイク便」です。ちょっとしたお掃除なら、車ではなくバイクでお伺いをし、コストを抑えた営業を行なっています。

またお風呂掃除に関しては、業界最安値の15400円(税込)〜から依頼できます。エプロンや換気扇の掃除もお手頃価格で依頼ができるため、安く依頼したい人におすすめです。」

公式ページ

ダスキン

料金:19,800円(税込)〜

時間:1.5〜2時間

CMでもお馴染みのダスキンは、お掃除の専門業者として全国に展開している老舗のハウスクリーニングです。専門のプロが浴室の汚れを見極め、状態に合わせてクリーニングを施してくれます。

またダスキンでは、定期的にキャンペーンを行なっており、お得に利用できる時期があるんです。
たとえば、2020年なら「プロの水まわりお掃除新春キャンペーン」と題して、水まわりのお掃除がお得になるキャンペーンを行なっています。

まずはホームページを見て、お得なキャンペーンがないかチェックしてみて下さい。

公式ページ

まとめ

見える箇所の掃除は簡単ですが、換気扇やエプロン、黒カビがこびりついたスキマは手がかかりますよ。ハウスクリーニング業者を利用すれば、掃除が難しい箇所も短時間できれいにしてくれます。

またお風呂全体をまとめて依頼すれば、料金もお得になりやすいです。大掃除の時やキッチンやエアコン掃除を依頼するついでに依頼をしてもいいかもしれません。

それではお風呂掃除に困っている人は、クリーニング業者の依頼を検討してみてください。