エアコン掃除

エアコン掃除は自分でもできる!簡単な掃除方法やきれいに保つコツ

おすすめのハウスクリーニングサービス

<1位> おそうじ本舗
 〜業界No.1店舗数の高品質サービス〜
<2位> おそうじ革命
 〜最安値クラスなのに質も高い高コスパサービス〜
<3位> オン
 〜スタッフの対応の良さ、料金の明朗さが好評〜

詳細は【口コミ比較】おすすめハウスクリーニングランキング8選!!をご覧ください。

「エアコンをつけたら嫌なにおいがする…」というときは、内部にカビや汚れが溜まっているサインです。
そのまま放置してしまうとカビや汚れが部屋中に巻き散らかされ、アレルギーや病気の原因にもなってしまうので、定期的に自分で掃除をしましょう。

この記事では、自分でも簡単にできるエアコン掃除の方法を解説します。内部までクリーニングをしたいときのおすすめ業者なども併せてご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

エアコン掃除はなぜ必要?

そもそも、エアコンの掃除はなぜ必要なのでしょうか。

それには2つの理由があります。

  • 健康を守るため
  • 電気代を節約するため

1つ目は健康を守るためです。エアコンの内部や吹き出し口にはカビやほこりがたまりやすく、その状態でエアコンを付けると、カビやほこりが部屋中に放出されます
そんな部屋で長時間生活をしているとアレルギー症状が出たり、病気になったりすることも。子どもやペットのいる家庭では特に心配なので、定期的に掃除をしましょう。

2つ目の理由は電気代を節約するためです。汚れやほこりによってエアコンのフィルターやフィンが目詰まりすると、エアコンの冷暖房効率が悪くなります
通常よりもフルパワーで作動しようとするので、余計に電気代がかかってしまうことがあるのです。掃除機能付きのエアコンだとしても、カビやほこりは付くので、やはり定期的な掃除は必須といえるでしょう。

なぜエアコンにはカビが生えるの?

エアコンにはカビが付きやすいので定期的な掃除が必要ですが、ではなぜエアコンにはカビが生えやすいのでしょうか。

その理由は結露が付きやすいことにあります。
夏の温度の高い日に冷房を付けると、屋外と室内の温度差によってエアコンの中に結露が発生します。
冬も窓に結露が付くのと同じように、エアコン内部にも結露が付くため、そのままにしておくとそこに雑菌が繁殖したり、カビが発生したりしやすいのです

エアコン掃除は自分でできる?

エアコンの掃除は自分でできる場所とできない場所があります。エアコンの主なパーツは以下の通りです。

  • 本体カバー
  • フィルター
  • 吹き出し口
  • ルーバー
  • ファン
  • フィン

この中で、本体カバーやフィルターは取り外して水洗いできます。取り外せない吹き出し口やルーバーは、拭き掃除をすることが可能です
一方、内部のファンは自分で取り外せないので掃除するのが難しく、業者に依頼するのがおすすめです。

ホームセンターなどではエアコンファン用の掃除スプレーなども販売されているのですが、吹き付けたあとに十分に洗い流さなければ洗浄剤がエアコンに残ってしまうことがあります。
目詰まりして故障の原因になったり、せっかく掃除をしたのにカビのもとになってしまうこともあるのでおすすめできません

自分でエアコン掃除をする方法

次に、本体カバー、フィルター、吹き出し口、ルーバーを自分で掃除する方法についてご紹介します。

自分でエアコン掃除をするための道具

自分でエアコン掃除をするときに必要な道具は以下の通りです。

  • 掃除機
  • 中性洗剤
  • スポンジまたはブラシ
  • 雑巾
  • 割りばし
  • 布またはキッチンペーパー

エアコン掃除をする前に養生をする

エアコン掃除をする前の注意点としては、必ず壁や床に養生をしてから作業に取りかかるようにしましょう
エアコン掃除用の養生シートがあればベストですが、もしなければ大きなゴミ袋をテープで貼って代用することも可能です。

エアコンのカバーとフィルターの掃除手順

しっかり養生をしたら、以下の手順でエアコンのカバーとフィルターを掃除します。

  1. エアコンのカバーとフィルターを外す
  2. エアコンのカバーとフィルターについたほこりを掃除機で吸い取る
  3. エアコンのカバーとフィルターを、中性洗剤とスポンジを使って洗う
  4. 水気を拭き取り十分乾かしておく

エアコンのカバーやフィルターに水分が残っていると、カビが発生する原因になるので、しっかり乾かすようにしましょう

エアコンの吹き出し口とルーバーの掃除手順

次に、取り外せないエアコンの吹き出し口とルーバーの掃除手順です。

  1. コンセントを抜く
  2. 雑巾に中性洗剤を薄めた液をしみこませ、吹き出し口とルーバーを拭く

手の入らない奥や細かい部分は、割りばしに布やキッチンペーパーを巻きつけ、中性洗剤を薄めた液をしみこませて掃除をしましょう。

エアコン掃除の失敗例

エアコン掃除に失敗しないように、ありがちな失敗例もご紹介しておきます。

取りきれなかった汚れが出てきた

エアコンを中途半端に掃除したら、残っていたほこりや汚れが冷暖房と一緒に吹き出してしまったというのはよくあるケースです。

時間がなくて途中までしかできなかったということがないように、休日など時間にゆとりのあるときに掃除をするのがおすすめです

壁や床が汚れた

面倒だからといって養生せずにエアコン掃除をすると、思った以上に汚れが飛び散って壁や床が汚れてしまうことがあります。

特に壁紙などは汚れが付くと落ちないこともあるため、必ず事前に壁と床を覆ってから作業しましょう

エアコンを壊してしまった

エアコンの内部まで自力で掃除しようと部品を分解してみたら、故障して付かなくなってしまうケースも。エアコンの分解は素人には難しいものです。

せっかく節約のために自力で作業しても、壊れてしまっては余計にお金がかかってしまうので、内部のクリーニングはプロに頼むのがおすすめです

クリーニングしたエアコンをきれいに保つコツ

カビやほこりが付きやすいエアコンですが、ちょっとしたコツできれいな状態を長くキープすることができます。

冷房を切った後に送風運転にする

冷房を切ったあとに30分ほど送風運転にすると、エアコン内部の結露が乾くのでカビの発生を抑えることができます
カビは湿気の多いジメジメとした場所を好むので、湿気や水滴を長時間残さないようにするのがポイントです。

こまめに部屋の換気をする

部屋にほこりが充満しているとエアコンにほこりが付きやすくなり、そのほこりに雑菌が集まってきます。
これを防ぐためには、窓を開けて定期的に換気をし、部屋の空気を入れ替えると効果的です

エアコン掃除の頻度や時期は?

送風運転にしたり、こまめに換気をしたりと努力をしても、汚れが付くのはどうしても避けられません。では、どのくらいの頻度でいつくらいに掃除をしたらいいのでしょうか。

エアコンのフィルターや吹き出し口などは、汚れが気になったらこまめに掃除をします
自分ではできない内部の掃除は、最低でも年に1回は業者に頼んでクリーニングしてもらうのがおすすめ

特に結露が付きやすくカビが発生しやすいのは夏なので、冷房を使わなくなった9~10月くらいの時期に依頼するといいでしょう。

エアコン内部の掃除はクリーニング業者へ

自力ではエアコンの手の届く部分しか掃除できないので、エアコン内部についたカビやほこりまで取り除くなら、業者に任せるのがおすすめです。

慣れない素人が自分でやるよりも、プロが短時間で確実に作業してくれるので、お金をかけてでも依頼する価値があるのではないでしょうか

業者によるエアコンクリーニングは、一般的には以下のような手順で行われます。

  1. エアコンのパーツを分解する
  2. 壁や床に養生をする
  3. 高圧洗浄機を使って内部の掃除をする
  4. エアコン内部を乾燥させる
  5. エアコンカバーとフィルターを洗う
  6. すべてのパーツがしっかり乾いたら、組み立てて完了

高圧洗浄機を使った掃除はプロならではです
エアコン掃除をしたあとに、カビが付きにくくなる防カビ加工を施してくれる業者もあります。

最後にエアコンクリーニングを依頼したいときにおすすめの、ハウスクリーニング業者を3つご紹介します。

なお、エアコン掃除を業者に依頼すると料金がどれくらいかかるか知りたい方は、「エアコン掃除の料金相場は?安く依頼する方法も紹介」をお読みください!

おそうじ本舗

おそうじ本舗は、エアコンクリーニング140万台の実績があるハウスクリーニング会社です。ハウスクリーニング業者のなかでは店舗数ナンバーワンなので、どこの地域に住んでいたとしても頼みやすいというメリットがあります。

料金(税別)

壁掛けエアコン
1台11,000円
※お掃除機能付きの場合
1台19,000円
天井埋め込みエアコン
1台25,000円
※お掃除機能付きの場合
1台33,000円

公式ページ

おそうじ本舗の口コミ評判など詳細は「おそうじ本舗を利用するメリットは?料金や口コミ・評判を解説!」にて解説しています。

おそうじ革命

おそうじ革命は、アルバイトや下請け業者に発注することはなく、独自の研修システムで学んだプロのみが作業を行います。バイクで移動するため、追加の駐車場代がかからないのが魅力のひとつ。子育て支援などの割引も充実しています。

料金はかなり安く、質の高いサービスを安価に受けたいという方に最もおすすめのサービスになります。

料金(消費税・出張費込)

壁掛けエアコン
1台9,980円
壁掛けエアコン
2台目以降7,560円
お掃除機能付き壁掛けエアコン
1台17,600円
お掃除機能付き壁掛けエアコン
2台14,960円
天井埋め込みエアコン
1台20,900円
天井埋め込みエアコン
2台17,765円

公式ページ

なお、おそうじ革命の特徴や口コミ・評判は「おそうじ革命は安いと評判?口コミや他社との料金比較も交えて解説」にて紹介しているので、こちらも読んでみてください!

ダスキン

ハウスクリーニングや掃除用品レンタルのパイオニアとして、よく知られているダスキン。1台のクリーニング料金はほかの業者に比べると高めですが、2台以上まとめて依頼すると割り安になるのが魅力です

壁掛けエアコン
1台13,000円(税抜)
壁掛けエアコン
2台21,000円(税抜)
お掃除機能付き壁掛けエアコン
1台23,000円(税抜)
お掃除機能付き壁掛けエアコン
2台41,000円(税抜)
天井埋め込みエアコン
1台35,000円(税抜)
天井埋め込みエアコン
2台67,000円(税抜)
お掃除機能付き天井埋め込みエアコン
1台40,000円(税抜)
お掃除機能付き天井埋め込みエアコン
2台目37,000円(税抜)

公式ページ

価格で選ぶならおそうじ革命がおすすめですが、全国対応というわけではありません。その点、おそうじ本舗は店舗数が多く、全国対応しています。2台以上依頼するときはダスキンもおすすめです。

においが気になったら自分でエアコン掃除してみよう

エアコンのにおいが気になったときは、フィルターや吹き出し口などの手の届く場所は自分で掃除してみてください。
特別な道具はなくても家にあるもので簡単に掃除できます。

もしそれでもにおいが消えないようなら、内部のファンが汚れている可能性があります。
内部の分解は素人がやるのは難しいので、業者に依頼したほうがいいでしょう。
カビやほこりはアレルギーや病気の原因になることもあるので、あまり軽視せずに、定期的に掃除をするのがおすすめです。

関連記事

エアコンから虫が侵入したときの対策と予防について徹底解説!

エアコンに住み着くゴキブリ対策と対処法について!業者に依頼するのもおすすめ!

【エアコンが臭い原因はコレだった!】すぐにできるオススメ対処法とは?